トップギアTV 新シリーズ32予告編 フロリダで変わったレース三昧、TVドラマのパトカー、BMW Mディビジョンにシンクレア C5


イギリスではもうすぐトップギアTVの新シリーズ32が放送される。ここではその予告をご紹介しよう。日本に来る日はもう少し先になりそうだけど、ワクワクが止まらない。トレイラー動画は、こちらでどうぞ。

今、クルマの世界は熱気に包まれ、混乱に満ちている。世界のエネルギー市場は流動的であり、マイクロチップや配線盤の不足は世界のサプライチェーンを混乱させ、英国のEV充電インフラはなおざりにされたままだ。

この泥沼に明晰な頭脳が必要なのは明らかなこと。そこで、フレディ フリントフ、クリス ハリス、パディ マクギネスの3人が登場した。3人の学識ある人物が、今日の自動車に関する最大の疑問に答えていく。シンクレア C5をボブスレーにしたり、1920年代のモータースポーツに挑戦したり、ドンクレースやヘリコプターを後ろにくくりつけたHGVレース、戦車突撃用コースで激安車を走らせたりして、今日の自動車に関する最大の疑問に答えようとしている。そう、日曜の夜を明るくするために、「トップギア」が帰ってきたのだ。

さあ…フロリダに向かう準備はいい?

ここ数年、チーム トップギアは地球上のあらゆる場所でさまざまなモータースポーツに取り組んできた。メキシコのバハ 1000、アイスランドのフォーミュラ オフロード、大富豪の遊び場である南部ノーフォークでのGTレース。だが、正直なところ、熱狂と歓声はあっても、実際に銀メダルを獲得したのは皆無に等しいと言わざるを得ない。事実、皆無だ。チーム トップギアのトロフィーキャビネットは、今、ちょっと寂しい感じなのである。

そこで、それを是正すべく、オリジナルで草の根的なレースシリーズをどこよりも多く開催している世界の片隅を、ロードトリップしてみることにした。目指すはフロリダ。その目的とは?クリス、フレディ、パディの3人は、できるだけ多くのイベントに参加し、トロフィーを獲得することを目指している。どんなイベントかって?奇抜なものばかりだ。

マイアミでは、ドンク レーシングが行われ、改造されまくった古いマッスルカーがドラッグストリップで戦い、観客はチーム トップギアの進行に賭けて(分別ある)高額なお金がやり取りされるのだ。


ネープルズではスワンプバギーレースが開催され、競技者はワニの注意を惹かないようにしながら、自作した作品でエバーグレーズを疾走する。

そして、タンパの南部にあるフィールドでは、アメリカのモータースポーツの真髄ともいえる「ポリス・クラウンビック・ダービー」が開催される。競技者は亜酸化窒素の力を借りてオーバルコースで互いにぶつかり合うんだ。マジか?大丈夫?その疑問は正しい。

モータースポーツの大移動には、当然ながら大型のチームバスが必要だ。全長10m超のホリデー ランブラー アルマライトは、巨大なGM製V8と、その色と香りから判断して、エキサイティングなカビ病の数々を誇るクラシックRVである。さてこの由緒あるランブラーは、チーム トップギアをモータースポーツの栄光に導くマシンとなるのだろうか?

犯罪最前線トップ・コップス

最近のテレビドラマのパトカーはどうなっているのだろうか?昔は、「スタスキー&ハッチ」のフォード グラン トリノ、「モース警部」のジャガー マーク 2、「マグナム探偵団」のフェラーリ 308 GTSなど、画面の中で警官が運転する車というのは、運転する悪ガキと同じくらいよく知られた存在だった。しかし、最近のテレビ局の刑事は、グレーのボルボやディーゼルのアストラで十分みたいなんだよね。つまり、「ライン・オブ・デューティ」のように、ランボ ウラカン STOで疾走する人物を見かけないということだ。

このままだと明らかに、茶番過ぎるのではないだろうか。そこで、クリス、フレディ、パディの3人は、公共サービスという観点から、21世紀の伝説的なTVパトカー、ダッジ チャレンジャー ヘルキャット、フォード F150 ラプター、アウディ RS3を紹介するミッションに取り組む。つまり、司会者たちが、犯罪と戦う分身に会うことになるのだ。デイブ トール、プレストン レンジャー、ダーティ コブラ…。

勝利へのHGV(重量積載物車両)

イギリスはHGV(重量積載物車両)の危機に瀕している。- 必要なものを必要なところへ運ぶのに十分なトラック運転手がいないのだ。じゃあ、大型トラック運転手になるには何が必要なのか、プレゼンターたちが考えてみた。HGVの免許を取得したクリス、フレディ、パディの3人は、最新鋭の最高級トラック3台で、イギリスのトラック旅に出発した。もちろん、荷台にヘリコプターを2機積んでスラロームコースに挑戦することも含まれている。

残念ながら、彼らの初ドライブは、2月の巨大なストームユーニス(2021年から2022年のヨーロッパで起きる暴風シーズンの一部である温帯低気圧)の到来と重なってしまった。初めての大型トラックの旅で、160km/hの横風以上に望むものなんかないんだから…。

8万円のヒーロー車

最近、安かった車が非常に高価になっている。英国の中古車の平均価格は昨年だけで80万円も上昇しているが、中古車市場にはまだ掘り出し物があるのだろうか?

それを確かめるために、トップギアの消費者チャンピオンたちは、500ポンド(8万円)以下で購入され、有効な車検証を持ち、少なくとも2台は車内に悲惨な臭いがない、まさにバイキング形式で中古車を集め、消費者による適切な信頼性テストに取り掛かったのである。そのテストとは、当然ながら、軍用戦車の突撃コース、大量の水の横断、そしてヨーロッパ最大のスクラップ置き場での死のレースなどである。

ハッピーバースデー トゥ M

バイエルン州を拠点とする自動車チューニング部門は、今年50歳の誕生日を迎えた。BMWのM-ディビジョンだ。半世紀にわたるミュンヘンでの壮大なタイヤ摩滅祭りを記念して、パディは伝説の3.0 CSLバットモービルやV10エンジン搭載のM5から、現代の鼻息荒いM3まで、M部門が作り出した最高傑作の数々を徴用することにした。果たして、彼はどのクルマをMグループの中で最も優れたMカーと宣言するのだろうか?

サー クライヴへの追悼リュージュ

伝説的な英国の発明家の生涯を称えるのに、サー クライヴ シンクレアの最も有名な作品であるシンクレア C5マイクロカーをボブスレーに変えるより良い方法があるだろうか。まあ、実際には、もっといい方法がたくさんあるのかもな、今考えてみると。公園のベンチにするとか?あるいは楯に。フレディは、ノルウェーのリレハンメル市のリュージュコースを100km/hで走れるかどうか、試してみたいらしい。

クラシックなヒルクライム

BBCの100周年記念に、モータースポーツスタイルでオマージュを捧げるチーム。どうやって? 古くて高価な車で、田舎の急な坂道を登り、イギリスで最も特異なモータースポーツであるヒルトライアルを行うんだ。タリーホー!(キツネ狩りで猟師が獲物を見つけて犬にかける掛け声)

インプレッションもいっぱい!

もちろん、マセラティ MC20、ロータス エミーラ、そして驚異的なリヴィアン R1Tのドラッグレースなど、最新かつ最高の新車に対して、トップギアが信頼できるルールを適用している。

フォード WRC プーマをクリスがドライブ

「ハイ、クリス。ノルウェーの雪上でフォードの 新しいWRCカーを運転してみないか?その理由はね…クリス?クリス?聞こえる?とりあえず、パスポートをお忘れなく!」

トップギアTVの新シリーズは、日曜日午後8時からBBC OneとBBC iPlayerでご覧ください。(イギリスにお住まいの方は)下の動画はトレイラーね。
FREE-DA

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50082/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ