6MTのトヨタ GR86がUKでは485万円で販売、なんとGR ヤリスより安いとか

トヨタが次期GR86の英国価格を発表し、ボクサーエンジンの後輪駆動スポーツカーという新車の存在がより一層楽しみになった。

というのもUKだと、最終的な受注開始時に用意されるトリムレベルは1つだけで、6速マニュアルギアボックス付きで29,995ポンド(485万円)だからだ。ちなみに、全輪駆動のGR ヤリスは31,170ポンド(505万円)から、スープラは2.0リッター4気筒仕様で47,505ポンド(770万円)という高価な価格設定になっている。

これは素晴らしいニュースだ。さらに、トヨタは、早く購入したい人のために、かなり魅力的なPCPオファーを発表した。最初の顧客は、明らかに保証金として4,777ポンド(77万円)を支払い、月あたり299ポンド(4.8万円)でマニュアルのGR86を楽しむことができるようになる。ただしGR86がヨーロッパで販売されるのは、差し迫った排ガス規制の関係で2年間だけというのは覚えておいて損はないだろう。

トヨタによれば、オートマチックのオプションは32,085ポンド(520万円)だが、本当に欲しいのは3ペダルの方でしょ?イギリス仕様のGR86には、18インチホイール、8インチのApple CarPlayとAndroid Auto搭載タッチスクリーン、LEDヘッドライト、フロントシートヒーター、クルーズコントロールが装備される。ラグジュアリーじゃーん。

さらに、新しい2.4リッター自然吸気エンジンも搭載され、出力は235ps、トルクは250Nmに向上している。ユーロ仕様のプロトタイプをドライブした感想は、この青い文字をクリックしてね。

=海外の反応=
「スイート」
「ここのコメントの多くは的外れだね。もし、あなたが素晴らしいスポーツカーを探しているならば、これを見逃す手はない。なんせ、時間がないんだ。ターボが必要だとか、この中古車は安いなどと不満を言い始める前に、最低でもマニュアルを試乗する義務がある。これは表計算ソフトのようなクルマじゃない。
この車のオーナーとして、私は今あなたに言うことができることがあるとすれば、このクルマは競争相手がいないことだ。
基本的にどんなホットハッチを買っても、6ヵ月後にスプレッドシートの計算が少し良くなっただけの別の車が発売されるよりはなんぼかマシ」
↑「確かに、ターボが必要だと思う人は、N/Aを甘く設定した車に乗ったことがないんだろう。私がアルピーヌに反対する唯一の理由はそれだ。もし299ポンドで購入できるのなら、すぐにでも注文して、納車されたときに奥さんがどう言うか見てみたいね。許可というよりも許しを請う方が良い」
↑「私はこのコメントが大好き。"許可よりも許しを請う方が良い!"」
「OK、NAとかフィーリングとか、そういうのは分かる。でも、スポーツカーは速くないとね。少なくとも2.0tdiのAUDIやVWより速いくらい。でも、これは違う。パサートに対してライトから煙に巻かれるのは気持ちのいいものじゃない。ターボが必要だ」
↑「スポーツカーが速いことに反対はしないが、私にとっては、明白な速さよりも車の感触が重要なんだ。私はスマートロードスターに乗っているけれど、この車で楽しい時間を過ごすのにパワーは必要ないんだ。速度制限を破らなくても、このクルマにはバケツいっぱいの個性があるんだ。確かにフィエスタの1.0エコブーストには見切られてしまうけれど、直線スピードのためではないので気にならない。このGR86も、同じような思想で、より大きなパッケージになっている」
↑「B級ロードのドライバーを楽しませるクルマに仕上がっていr。だからといって、ノンターボ、2.4L、CO2排出量250gのクルマを最近ヨーロッパで発売するのは、やはりバカバカしいと思う。また、予算が心配なら(この車ではほとんどの人がそうだろう)、より少ない税金で利用できるより良い選択肢がある」
「250g/kmのCO2を発生する2.4Lエンジン。そのうえひどい燃費だ。ああ、これは間違いなくヨーロッパでうまくいくはずだ(ウソ)。同じ値段で走行48,000kmの2018年型M2が手に入るし、税金も安くなる」
「でも、同じセグメントで競争しているわけではないのでは…?というのは、3万ポンドで買えるAMGはたくさんあるけど、それはちょっと関係ない」
↑「特にM2を例に挙げたのは、2ドアでFRという、Bロードやサーキット向けに作られた車だから。GR86と同じだ。ただ、M2は直6(フラット4より音がいい)、高馬力(公道で使える)、燃費がいい、CO2排出量が少ない(つまり一般的に税金が安い)のが特徴だ。
GR86は運転するのが楽しいと思うし、それを復活させたトヨタに拍手を送りたいが、欧州の顧客にとってその数字は意味をなさない。911ターボを買う余裕があれば、それほど問題にはならない。しかし、予算が3万3千ポンド(535万円)であれば、非常に大きな問題となる」
「排ガスについては、まったくもって正しい指摘だ。CO2はターボに比べて現実的な数字なのだろうか?」
「この発売を1年間じっと待っていたんだ…。あと少し」
「1.6Lターボエンジンを搭載すべき。2.4Lは税金をたくさん払わなきゃならない」
「フェイスリフトの大ファンなので、本当に欲しい。白がいいな」
「ナイス」

ピックアップ

アーカイブ