ケン ブロックの新しい社用車はアウディ RS e-tron GT!やっぱEV社用車減税には抵抗できない…?

インターネットと呼ばれるものの常連なら、ケン ブロックがアウディ派閥に入ったことはもう間違いなく知っていることだろう。このドイツメーカーは、彼が出演する「エレクトリカーナ」のビデオ用に、S1 e-tron クワトロ フーニトロンというクルマまで作ってくれたのだ。

しかし、ブロックはフォードと決別した今、日々どんなクルマに乗っているのだろうか?

その答えがここにある。ホワイトラッピング、TOYOタイヤ、ROTIFORM NGOホイールでライトカスタマイズされたRS e-tron GTだ。フロントホイールに装着されたエアロディスクにもご注目を。おおっ。

ケンはエクストリームスポーツも大好きなようで(誰が想像しただろうか?)、スノーボード用品を入れるためにアウディ製のルーフボックスをブランド化したそう。ユタ州の山々には、急速充電器がたくさんあることを祈っている。

GEEK JOBキャンプ
=海外の反応=
「なぜルーフボックスがあるとカッコいいとか、見栄えがいいとか思われるんだろうか…。そんなことはない。じゃあ次は、ルーフラックにスーツケースを括り付けるんだ」
「ちょっと頭が悪いのかもしれないけど、前輪と後輪が違う理由がわからない。自分で決められなかったのだろうか?」
↑「間違っているかもしれないが、ケンはユニークなリムスタイルを作成するために異なるリムブランドのメーカーと複数のパートナーシップを結んでいることを知っている。BBS、OZ、52、Enkei、Rotiform…。彼はたくさんのフーニガンのビデオクリップで、彼らが彼のためにだけユニークなリムを作りたいと言っているのではなく、彼がそれらのリムをどうしたいかをコンサルティングしているのだと言っていた。しかし、もしファンや誰かが興味を持てば、その人たちの個人的な車のために、選ばれたブランドのリムを注文することができる。(通常、彼のクリップを見て、ファンがジムカーナのクリップやWRCラリーRXイベントの後に特に尋ねてみると、彼は通常Youtubeでこのことに触れ、彼が使う製品に興味があればオンラインで注文できる場所などのリンクを掲載する)。ちなみに、彼は昔のグループBラリー時代やIMSAのリムが好きなんだけど、フロントを見てみると、アウディ クワトロのターボベンチレーションBBSリムからインスパイアされているんだ」
「ルーフボックスが常備されているのであれば、もっと広いクルマを買うべきだったのでは…」
↑「ところで、このルーフボックスは、この車に固定された永久部品ではなく、全体が取り外しが可能だ。正直言って、誰が本当に山の中で(まだ)任意の電気自動車の後ろに重量のトレーラーを牽引したいの?今のEV(このGTも含む)は牽引能力があり、強く引っ張ることができても、バッテリー効率は落ち、走行速度も大幅に低下している。ケンがしたのが最初のクレイジーでクールなことじゃない。スバル WRX STiに同じようなルーフボックスを装着し、ホイールの代わりにスノートラックを装着して山のスキー場の坂道を登ったんだよ。彼らは有名人で、クールなことをしたいってだけだね。彼らは十分にお金を持っているので、あまりにも一般的であるため退屈な牽引はしないし、人tは異なる、群集から抜け出したいっていう欲ばかり。マックス フェルスタッペンがチェーンとスパイクを装着したF1でスキー場の坂道を登ったように」
↑「まあ、場合によるんじゃないの。タイカン クロスツーリズモがトランクにスノーボードを入れられないのであれば、あらゆるニーズを考えると、これは良いアイデアに見えるけどね」

ピックアップ

アーカイブ