ランチア デルタ インテグラーレがEVでFIA世界ラリークロス選手権に参戦

ランチア デルタの電動レストアモデルを作る人が現れるのは、ほぼ必然だったかもしれない。オリジナルの内燃力をモーターとバッテリーに置き換えること以外に、レストアと再発明を免れる手段はないのだから。

しかし、コメント欄で「デルタが電動化されてかわいそうだ」と批判する前に、リバイバルならぬe-vivalの良いニュースがある。なんと、ラリーバージョンがあるのだ。

そう、2022年からFIA世界ラリークロス選手権の初の完全電動化シーズンに、GCK モータースポーツ Evo-eが参戦することになったのである。世界ラリーの伝説が、デビューから約40年を経て、トップリーグに戻ってくるのです。ステキ。

他の車両と共通のオーストリア製クライゼル電気ドライブトレインは、670bhpと880Nmを瞬時に発揮し。0-100km/hは1.8秒と言われている。14台のグリッドでは、非常にエキサイティングな結果となるだろう。

しかも、その電力はクリーンに作られているとのこと。「太陽エネルギーとレース前にグリーンエネルギーネットワークから集めた電力を組み合わせて、GCKエナジーはレースの合間に全車のバッテリーを再充電するための電力をカスタムコンテナから供給する」と約束されている。

フランス人ドライバーのゲラン チシェリは次のように述べている。「FIA世界ラリークロス選手権の新しいエレクトリック・バナーのもとに戻ってくることができて、とても興奮しています。このレースフォーマットは、これまでに発表された電気自動車による最もエキサイティングなレースの光景を提供するのに適しています」

「モータースポーツは今、大きな変化を遂げており、その影響は産業界全体に及んでいます。この変化の一部を発展させるために自分たちの役割を果たすことは、私たち全員が日々のモチベーションを高めることにつながります」

デルタの名にふさわしく、トップレベルのラリーに復帰することができるのか?

=海外の反応=
「しかし、シャンシュのおかしなエスコート エクストラックよりも速いのだろうか?(いや、そんなことはないだろ)」
「ラリークロスは、自分が見るモータースポーツの中で、常に最も好きなジャンルの一つだ。もし、内燃機関の騒音がないことに耐えられないのであれば、もう見るのをやめたほうがいいかもしれない。フォーミュラ Eやエクストリーム Eが、浅いプラスチック製の魂のない発明品であることを示すためにも、きちんとエキサイティングなものにすることは可能なはず」
↑「ケン ブロックは、2020 Projekt e-RXフルエレクトリックの初代チャンピオンだった。しかし、2022年には、さらに新しいブランド(Nitro FC1-X、TUAS & 3TechOy、Geelly +Link & CO、Nioなど)が、これまでに知られている常連のブランド(フォード、アウディ、シュコダ、VW、プジョー、ヒュンダイ、トヨタ)に混じって登場し、この電気自動車GCK Evo-e DeltaとともにフルEVコンペティションに参加することが発表されている。 肝心なのは、FIAがまだ新しいEVクラスの制限や規制、重量、電力充電のパワーグリッドなどを発表していないことだ」
↑「ケン ブロックが言ったように、電気自動車は、通常のWRCやRXのラリークロスカーよりも、荒れた地形でも全体的にはるかに速く加速していく…。タナー フォースト、ハンセン兄弟、その他の数名もフル電動プロジェクトをテストし、全員が非常に感銘を受けた。フルエレクトリックでのレースバトルがよりエキサイティングなものになるかどうかはわからないが、間違いなくより速くなるだろう(WRC / RX RX1e, RX2e, RX Liteのような各クラスで)」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS