ランチアがEVのイプシロン リミテッド エディション カッシーナを発表で本格始動

ランチアは、EVのイプシロン リミテッド エディション カッシーナを発表し、再生をスタートさせる予定。このスーパーミニカーは、わずか1,906台が製造され、販売価格はいくらくらいになるのか?

ランチアが復活し、初の電気自動車となるイプシロン第4世代で自己改革を図ることになりそうだ。2週間以内にミラノで正式に発表され、この最初の限定モデルは1,906台限定となる(このイタリアンブランドの創業年にちなんでいるわけだ)。

ボクスホール コルサ エレクトリックやプジョー e-208と同じ足回りを共有すると噂されている。51kWhのバッテリーパックを搭載し、航続距離は250マイル(402km)、0-97km/h加速は8.2秒とされている。最高速度は150km/hが上限なので、信号待ちでデルタ インテグラーレに並ぶことは期待できない。

しかし、この「カッシーナ」限定モデルのオーナーは、高級ファブリックの使用で知られるイタリアの家具デザイナーが手がけたインテリアの恩恵を受けることができる。つまり、ベルベットのシートと、センターコンソールとマルチスクリーンのダッシュボードの間のトレイがあるってこと。全体に洗練された素材がふんだんに使われ、クリーンであり、雑然とした印象はない。

しかし、エクステリアはもう少し凝ったものだ。フロントには、ランチアのロゴの下に湾曲したデイライトランニングバーがある。六角形のヘッドランプはワイドなミッドセクションに沿って配置され、小さなフロントスプリッターに向かってブリッジしている。それはあなたのお母さんなら「派手だわねぇ」と言うかもしれない。

サイドを横切る数本のラインが、ブラックとシルバーのY字型スポークを組み合わせたファンキーな合金に目を向けさせる。ダークなウィンドウトリムとリアスポイラーにマッチする光沢のあるブラックのホイールアーチも目に入る。後部には、球状のテールライトと生え抜きのミッドセクションスポイラーの組み合わせもあり、ストラトスをオマージュしたかのような素晴らしいスタイリングだ。

イプシロンのカッシーナ限定モデルの価格は2月14日に発表される。バレンタインデーに愛を誓うのにチョコレートをプレゼントするなんてことではなく、相手が発音するのに苦労するような名前の車を注文する以上の方法があるだろうか?

私たちは、このクルマが3万ポンド台半ば(660万円)の価格帯になると予想しており、同サイズのフィアット 500eよりもかなり高価になると考えている。果たして新型イプシロンはフィアットの勢いを止め、ランチアのルネッサンスに火をつけることができるのだろうか?それを知るのに長い時間は必要ないだろう。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「ヤケクソの臭いしかしない」
「ステランティスのクローンであるならば、"カムバック"とは呼べないな」
↑「クライスラーの焼き直しよりはまだマシ」
↑「VWグループは四半世紀も同じことをやってきたんじゃないの?新しいシート、クプラ、シュコダ、アウディ(あるいはランボ、ベントレー、ポルシェ)が発売されるたびに、それが既存モデルのシャシーおよび/またはパワートレインをベースにしていることに文句を言っても」
↑「ベンテイガを作るために、4台のVWポロをホッチキスで留めたって知ってた?」
↑「いや、知らなかった。それじゃあ、本当に高価なホッチキスだね」
↑「セアト、レオン、アウディ A3、シュコダ オクタビアは同じ車種かもしれないが、3車種とも顧客層や購買層は全く異なる。しかし、ステランティスのコンパクトカーに市場の多様性を見出すことはできない。これらはすべて同じ車であり、同じ顧客グループのために戦っている」
「なんだこれ」
「前から見ると中国車、後ろから見るとアルファロメオ MiTo。一方は褒め言葉で、もう一方は褒め言葉ではない。推測はご自由に」
↑「東風とステランティスのマッシュアップかもしれない。中国製なら秘密にしておくために何でもするだろう」
↑「ステランティスのコルサ/パグ208 EMP1のプラットフォームで作られ、スペインの同じ工場で生産されている」
↑「EMP 1はステランティスと東風の共同開発。東風南美01がそれに乗っている。
ステランティスは、どのクルマも特定の場所で「組み立てられた」としか説明していない。部品がどこで製造されているかについては何も書いていないんだ。スペインの工場が電気自動車を組み立てられるようになるのは2026年。同社は、現行のe 208がどこで製造・組み立てられているかは明言していないし。

中国の国営企業である東風は、ルノー/日産とも提携しており、中国向けには同様のナノを、ヨーロッパではダチア向けにスプリングを製造している。ナノは中国では約7000ポンド(130万円)からスタートし、英国では約2万ポンド(375万円)で販売される予定だ」
「1台あってもいいと思う。500eは好きだけど、オンリーカーにするにはちょっと小さい。600eの方が良いけど、まだ発売されていないし、小さい兄弟車ほどファッション性が高くない。自分には、これかもしれないな」
↑「ジープ アベンジャーの代替車もあるよ」
「この件に関して同意してくれる人がいるかどうかは分からないが、醜い野獣のような車だ。
また、イプシロンとは似ても似つかないが(実際には良いことかもしれない)、このような名高い自動車ブランドの復活にはちょっとがっかりだ。
私たちがランチアの復活を望んだのは、ストラトスやフルビア、037のようなクルマが欲しかったからだ。非現実的と言われようが、私たちの誰もこんなものを望んでいなかったはずだ」
「人間工学に基づいた高級ショッピングカートとして使えるEVで、BMWやアウディ(VWは言うに及ばず)などの多くの高級ブランドよりも優れているように見える。

空調のボタンもある。インテリアは素敵で、エクステリアは少し目立つような面白い特徴がある。しかし、航続距離は悲惨なもので、このクルマ自体にはほとんど意味がない」
「ケリー・ブルーブックによると、アメリカ(このクルマが販売されることはないだろう)では2021年、ドライバーは1日平均37マイル(60km)走行したという。このクルマの航続距離は、そうした任務ならカバーするのに十分だ。それがこの小型EVのポイントだと思う。そして、まれに国をまたぐような大旅行をするときには、いつでもレンタカーを借りることができるし」
ケリー・ブルー・ブックによると、(この車が販売されることのない)アメリカでは、2021年にドライバーは1日平均37マイル走行したという。このクルマの航続距離は、そうした任務をカバーするのに十分だ。それがこの小型EVのポイントだと思う。まれに国をまたぐような大旅行をするときは、いつでもレンタカーを借りることができる。
↑「平均値には意味がない。重要なのは、極端な値を取り除いた後に得られるスプレッドだ。さらに、車、特にシティカーは、1週間のドライブをカバーできる航続距離を設計すべきだ。大半のドライバーは自宅での充電や職場での充電ができないので、可能な限り公共の充電器を利用することになる。毎週食料品を買いに行くときにDC充電?最初はそう思うかもしれないが、可能性は高い。そして、本当に唯一の現実的な選択肢である」
↑「統計的分布を特定しなければ、平均は無意味だ。通勤(ヨーロッパでは最寄りの公共交通機関のハブ/駅)に3km、週末に家族で190km(往復で380km)運転しても、1日平均60kmになる」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/02/66878/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ