ラリー フィンランドで優勝したエルフィン エヴァンスはじめ、WRCで見られた空飛ぶクルマのリアル

今年の世界ラリー選手権は盛り上がりを見せており、シーズン終盤を迎えたことで、わずかな警戒心もなくなってきているようだ。いいんだ、私たちはこういうのが好きなのだから。

70周年を迎えたラリー フィンランドでは、トヨタのエルフィン エヴァンスがオット タナクのヒュンダイ車を14.1秒差で抑え、2021年の2勝目を挙げた。

この勝利により、チャンピオンシップリーダーであり、同じヤリス WRC ドライバーであるセバスチャン オジェがフィンランドで5位に留まったことで、ウェールズ人はタイトルをかけた2人の対決に臨むことになった。この2人の差は、残り2戦で24ポイントとなる。

2022年には地球環境に優しい簡易型ハイブリッドカーが導入されるが、現世代のラリー1カーが田園地帯を駆け抜ける姿を見られるのも、あと2回だけということになる。えーん…私たちが泣いているのではなく、あなたが泣いているんだよ。

新世代の車が環境に優しいことは言うまでもないが、現世代の車両の能力が失われることになるのは間違いない。インターネット上では、最後のグラベルイベントとなったレースでの信じられないような速さを伝えるファンのビデオがあふれていたが、このようなものは二度と見ることができないのだろうか?

そして、ジャンプもたくさん見られた。上のギャラリーに写っているのはゴール直後のもので、純粋なラリーファンなら興奮する理由にはならないだろう。しかし、私たちはそうではないので、正直、興奮した。

最後には、非公式の「誰よりもたくさん空を飛べるか」コンテストで、フィールドの壮観な写真を撮ることができた。68メートル!?クルマで!?

驚いた。このギャラリーを見て、あなたの顎がカーペットにぶつかるまでの時間を確認してみてほしい…。

=海外の反応=
「高い位置に飛んでいるように見えるが、角度的にはわかりにくい、2-3m?」
「最後の望みをかけて、500bhpまで上げるべき」

アーカイブ

subscribe RSS