三菱自動車が軽自動車EVを、2022年度初頭に実質200万円スタートで発売

来たよ、キター!日本から、こういうのが出てくるのを待ってたよ。三菱自動車が、軽自動車EVを2022年度初頭に発売するんだって。それも、実質200万円スタートだっていう。実質、っていうのは、車両本体価格から補助金額(今年度と同額と想定)を差し引いた購入額で、リサイクル料金、保険料、消費税以外の税金、届出等に伴う諸費用は含まれない。でも、200万円くらいなら、EVにしてもいいかなっていう人はたくさんいそうなので、ニーズはめちゃめちゃありそうだ。要は、軽自動車のハイクラスな方と、EV、どっちにするかな?っていう選択肢が持てるっていうこと。

この軽自動車EVは、EVならではの滑らかで力強い走りと高い静粛性を実現するとともに、運転支援技術をはじめとする、様々な先進技術を搭載する。全長/全幅/全高は、3395mm/1475mm/1670mmとし、取り回しに優れて運転しやすく、安心・安全、快適に乗ることができる。また総電力量20kWhの駆動用バッテリーを搭載し、日常での走行に充分な容量を確保するとともに、万が一の際は、蓄えた電力をV2H機器を介して家庭へ供給するなど、非常用電源としても活用できる。

三菱自動車は、2009年6月に世界初の量産電気自動車として『アイ・ミーブ』を発売、続けて『ミニキャブ・ミーブ』『ミニキャブ・ミーブ トラック』と軽商用EVもラインアップし、環境負荷を低減させるとともに、公私にわたる幅広いニーズに対応している。

これは、日本として、すごく期待できそうだ。たぶん、UKのみなさん(日本車と軽自動車が大好きピープル)も食いついてくると思われる…。

アーカイブ

subscribe RSS