【トップギア試乗】贅沢なSUV、ベントレー ベンテイガ ハイブリッドはスマートさがプラス

22,690,000円

ベンテイガ ハイブリッドとは?
ベンテイガ ハイブリッドは、ベントレーの全モデルの完全な電動化に向けたクルーの最初のステップだ。「ビヨンド100」と名付けられたこの大きなプランでは、2023年までにベントレーのすべてのモデルを電動化し、2026年までにラインナップをすべてハイブリッド車とEVで構成し、2030年までにEVのみにすることを目指している。

ベントレーの大型SUVは2015年から登場していたものの、プラグイン版が発売されたのは2019年の半ばであった。その1年後、ベンテイガは大きなフェイスリフトを行い、英国でハイブリッドは販売を中止していた。しかし今、それが復活。機械的にはほとんど以前と同じ。つまり、3.0リッターのシングルターボV6と8速オートマチックトランスミッションが、126bhpのe-モーターによって分割され、トランクフロアの下に隠された13kWh(使用可能、正味17kWh)、210kgのバッテリーから電力を得ているのだ。

これは、よりパワフルな2.9リッターV6ツインターボを採用している新型フライングスパー ハイブリッドとは異なる仕組みになる。それでも、ベンテイガ ハイブリッドの総合出力は449ps、700Nmという立派なもので、0-100km/hを5.5秒、最高速度は254km/hに達する。2.6トンを超える重量を持つ威圧的なフロントのSUVとしては悪くない数字だ。

ベントレーは、電気自動車としての航続距離は50km、燃費は29.4km/Lと、あまり意味のない数値を発表している。CO2排出量は82g/kmだ。

たくさんのモードがついてる?

はい、通常のモードはすべてある。バッテリーに十分な電力がある場合は、いわゆる "EVモード"でスタートし、使用可能な電力をすべて使ってからV6を呼ぶ。しかし、E-モーターだけでは足りない場合は、アクセルペダルを巧みに踏み込むことで、内燃機関を作動させられる。その後、エンジンは再び停止に入る。

ナビに目的地を設定すると、ハイブリッドモードではGPSデータを利用して、電気と内燃機関の動力をうまく使い分ける。例えば、街中ではEパワーを使い、高速道路ではエンジンを使うというように、ドライバーは何も言わなくても、目的地に着いた瞬間にバッテリーが空になるようにするのだ。どうやら、うまくいったようだね。

ナビを信じ切れないときのために、充電をためておくこともできる。ベンテイガ ハイブリッドには回生ブレーキが搭載されているが、ガッツリ充電をするためには、ウォールに接続する必要が出てくるだろう。フル充電には約2時間半かかるが、英国では7kWのウォールボックスを無料で利用できる。

前述のPHEVモードのほかに、ステアリング、サスペンション、スロットルレスポンス、トランスミッションなどのモードが変えられる。けど、早い話、すべて "Bentley"にしておけば、ベストな状態で使用できるけど。

電気モードではどんな感じ?

もちろん、他の内燃エンジン搭載のベンテイガと同様に、非常に静かでスムーズ。ハイブリッドのインテリアは静寂の繭のようで、外界からの干渉を最小限に抑えて数時間を過ごすには最高に癒される場所だ。

しかし、126bhpの出力と2.6トンの重量「しか」ないベンテイガ ハイブリッドは、EVモードで速く走ることはできない。ベントレーではV6が点火する前に130km/h以上まで加速できると主張しているが、65km/hに到達するまでには待ちくたびれてしまうだろう。だったらアクセルペダルの踏み込みを越えて、内燃機関を目覚めさせた方がいい。

ベンテイガに優しく接していると、エンジンが息を吹き返したことを示すのはレブカウンターだけだ。スロットルペダルをバルクヘッドに突き刺さない限り、騒音や感覚は感じられない。不意を突かれて、スポーツ以外のドライブモードで急加速を要求すると、トランスミッションがしゃくりあげられ、道路を走り出すまでに少し長すぎるほどの間が与えられる。

さらに問題なのは、V6自体がベントレーらしくないということだ。V8やW12のようなスムーズさやシルキーさが欠けている。ほとんどの時間は事実上無音だが、高回転域では少し粗さを感じさせる。

スポーティなの?
ハイブリッドは、スポーティなベンテイガを目指したものではない。だから、V8やスピードのような圧倒的な速さがないだけでなく、彼らのような落ち着きもない。それでもベンテイガ ハイブリッドは、安定したボディコントロールができなくても、英国特有のひどい道路でも自信を持って走れる、非常に快適で気楽な車であることに変わりはない。さまざまなシーンを走り回るためのクルマとして、穏やかで安定しており、ドライバーの腕を必要としない。その大きさも、それほど問題にはならない。

ハイブリッドは他のベンテイガとどうやって見分けるの?

小さな「Hybrid」バッジとリア左ハンチの充電ポートをよく探さない限り、あるいはデジタルダイヤルやインフォテインメントシステムで遊ばない限り、見分けはつかない。しかし、総じて言えば、ベントレー ベンテイガは非常に魅力的な高級SUVである。昨年の大規模なフェイスリフトで1,000個もの新しい部品が導入されたことで、さらに魅力的になっているし。

価格はいくら?
ベントレーが「新型ベンテイガファミリーのベストセラーになる」と見込んでいるベンテイガ ハイブリッドの価格は2,269万円から。これはV8とまったく同じ価格なので、従来の8気筒エンジンか電動6気筒エンジンのどちらかを選ぶことができる。さて、あなたはどちらを選ぶ?

スコア:7/10

=海外の反応=
「発売されて6年になるけれど、価格にもビビってて、いまだに踏ん切りがつかない」
↑「犬を飼っていて、家族のために十分なトランクルームを持っているクルマが欲しいなら、実用的なベントレーはこれしかないよ。個人的にはSUVよりもエステートが好きなのだが、ベントレーにはエステートのラインナップがないから」
↑「どうしてもベントレーのバッジが欲しいというのでなければ、カイエンのハイブリッドという選択肢もある。ドライブトレインはほぼ同じで、電子レンジやMPGの数値も似ており、48Vのサスペンションソリューションも似てるよ」
↑「ベントレーのエステートがあったら最高だね。フライングスパーのシューティングブレークのレンダリングを見たけど、本当に実現して欲しい :(」
「もっと良いのは、オール電化バージョンだ。結局のところ、価格が問題にならないのであれば、バッテリーはどうすればいいのかな?ぜひ、大きいのにしてね」
↑「あんまりバッテリーを大きくしすぎると、人間が座る場所がなくなるぞ」

アーカイブ

subscribe RSS