美術大学の学生が考える2040年のリンカーンと、そのライフスタイル

リンカーンは、モントレー カーウィークのQuail Motorsports Gatheringで、4人乗りの電動サルーン(セダン)を公開した。「アニバーサリー」を紹介しよう。

もちろん、それだけではなく、もう少し話題もある。それは、…バックグラウンドストーリーだ。リンカーンは、ハリウッドにあるアートセンター・カレッジ・オブ・デザインの学生たちに、2040年の4台のリンカーンを想像するだけでなく、彼らが住む世界を想像することを課した。

それぞれのコンセプトは、リンカーンのルールである「コネクテッド、オートマチック、シェアード、エレクトリック」を守らなければならない。この車は、アウディのスカイスフィアに似た、長くて低い、なめらかな2ドアだが、この電気自動車のコンセプトカーは4人乗りだ。

この物語では、主人公の「ジュリアン」と「グレッグ」だけが乗っている。彼らは結婚30周年を記念して、青春時代に過ごしたお気に入りの場所をリンカーンで巡るのだ。「彼らのリンカーンセダンは、過去のデジタル画像にアクセスして、ダッシュボードに彼らの思い出を表示することができます」

アートカレッジがデザインした他のコンセプトには、「Glider」(2人乗り)、「Amongst the Stars」(SUV)、「Ensemble」(6人乗り)などがあります。

フォードのボスであるジム ファーレイは、学生たちのデザインについて次のように述べている。「テクノロジーではなく、人間を第一に考えてくれてありがとう」

=海外の反応=
「新しいアウディ skysphereコンセプトのホイールに似ている」
「これは明らかに美大生がデザインしたもの。フォードのボスが言った「技術ではなく人間を優先したデザイン」という言葉は、人間に対するビジョンが欠如しているため、この写真のコンセプトには当てはまらないから」
「見た目は素晴らしい。繰り返しになりますが、これは単なる空想であり、その結果どうなるかは皆さんご存知の通り。もしこれが作られたとしても、僕は検討すらしないだろう。人間の未来がどこに向かっているのかはわからないが、よく目にするハリウッドのユートピアに向かっているとは思えないので、これはとても場違いなものになるだろう」
「フロントはリンカーンよりもジャガーに近い」
「コンセプトカーを4人乗りにする方法を2つのステップでご紹介。
1. 1.4シーターであることを主張する。
2. 内装を見せない」
「学生の仕事としては素晴らしいと思うし、いつものコンセプトカーの仲間たちがやっているとは思えないだろう。しかし、私は彫刻と自動車の中間のような自律型コンセプトカーには興味がない。親しみやすさを求めるわけではないけれど、実際の自動車のような魅力があるとは思えない。例えば、窓があるかどうかの違いは、車の後部ではなく、バンの後部に乗り込むようなもので、非常に対照的なものだ」

アーカイブ

subscribe RSS