トム ハンクスのFJ40ランドクルーザーがバーゲンプライスでオークションに出品

さて、俳優トム ハンクスのクルマの趣味が素晴らしいことがわかった。すごいカーガイだ。

というのも、8月に開催されるボンハム クウェイル ロッジ オークション(Bonhams Quail Lodge Auction)で、彼が所有するいくつかの車がオークションに出品されることが発表されたのだが、その中にこの栄光のハードトップ、FJ40ランドクルーザーが含まれているのだ。

ハリウッドの伝説的人物は、このFJ40を荒野とハイウェイの両方で使用できるような改造を依頼した。GM製の4.3リッターV6を搭載し、最高出力180bhpを誇り、5速マニュアルギアボックスを装備している。カリフォルニア州の厳しいスモッグテストにも合格しており、走行距離は14万kmとなっている。ハンクスはこの車のファンだったようだ。

四輪駆動はもちろんのこと、パワーステアリング、強化されたオールドマンエミューのショック、クロムホイールなどが装備されている。インテリアには、トム ハンクスのサインが入っているほか、電動調整式のポルシェフロントシート、スピーカー付きカセットプレーヤー、エアコンなどが追加されている。

ボナムズによれば、この車は54,000ポンド(825万円)から91,000ポンド(1,400万円)の間で取引されるという。まさにバーゲンだ。それに、この車を買えば、映画『フォレスト・ガンプ』の"人生はチョコレートの箱のようなもの。開けてみないと分からない"なんて、夢のようなジョークが言えるかもしれないね。

=海外の反応=
「今でもかっこいいし、彼の作品というだけで映画を見たくなる(ちなみに、ゲイじゃないよ)」

アーカイブ

subscribe RSS