グッドウッド2021で、みんながガン見した新型車15台

今年のグッドウッド フェスティバルでは、新型車ラッシュ!チェックしときたい15台をご紹介。

01ロータス エミーラ


新品のロータスを手に入れるには、かなりの時間、待たなければならない。通常は30年ほど待つことになりそう。しかし、2021年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでは、ノーフォーク州から出てきた最大の攻撃力を持つ電動ハイパーカーを目の当たりにすることができた。ロータスの新しい(そして最後の)ガソリンエンジン搭載スポーツカーだ。

エミーラは、AMGのターボ4気筒ではなく、スーパーチャージドV6エンジンとマニュアルギアボックスを搭載した、やや地味な仕様で登場した。一方、ブルーのエミーラは、400馬力のケイマンライバルに人々の注目が集まり、グッドウッドが開かれた週末の間中、その視線の熱さでところどころ焦げていた。また、ロータスもこのグッドウッドで、多くの予約注文を獲得したという。

 

02フォード プーマ Mスポーツ ラリー1 WRC

斬新なアイデアだ。ファミリークロスオーバーを道路に近いところに置いて、ルーフを切り落とし、低重心にする。余分な車高があると、オラオラしたくなり、運転マナーが悪くなるような気も…。誰かこれを一般に販売すれば、流行るかもしれない。

話がそれた。フォードの新しいハイブリッドラリーカーが、プーマをフィエスタ型のシルエットに叩き切ったものだというのは皮肉な話だが、現代のラリーカーはビジネスに適しているのだから文句はない。1.6リッターのターボエンジンに100kWの電気モーターを搭載し、バッテリーのみでステージを駆け抜けることができるこのクルマは、良心的なモータースポーツ・スペシャルと言えるだろう。だって、僕らは自然を愛しているんだからさ。森の中に転がり込むまではの話だけど。

03ポールスター 2 エクスペリメンタル


これは驚き。ポールスター 2の映画『ワイスピ』版のようなものだ。これは、より低く、より硬く、より怒っているポールスターの実験車である。スウェーデンのEVファンが高性能バージョンにどのような反応を示すかを確かめるために、水の中に足を踏み入れたというわけだ。

ソフトウェアの書き換えにより、出力が402bhpから469bhpに向上しただけで、テスラをぶっちぎるようなドラッグレース用のモンスターじゃない。このワンオフモデルは、より硬い調整式ダンパー、強化されたボディシェル、そして豪華なポールスター1クーペに搭載されているより強力な曙ブレーキのおかげで、ハンドリングに重点が置かれている。

これがBMW M3のスーパーサルーンクラスの未来なのだろうか?

04ランボルギーニ ウラカン STO


ランボルギーニが「オタク」になるとこうなる。スーパートロフェオ オモロガータは、ランボのレース用ウラカンにインスパイアされたもので、トリックの効いたエアロを装備し、4輪駆動を排除している。重量はウラカン ペルフォルマンテよりも43kg軽く、ダウンフォースは前のランボよりも50%以上大きく、フロアマットはカーボンファイバー製だ。本当に。

静止しているときにも320km/hで走っているように見えるクルマ、という古い決まり文句を聞いたことがある?そう。STOはそのチェックボックスを満たしている…火炎放射器付きで。だから、グッドウッドの主催者たるリッチモンド公爵の前庭に挑んでいる間も、音速で走っているように見えるのだ。

05マクラーレン アルトゥーラ


その昔、グッドウッド・ヒルクライムで時空を超えて疾走したマクラーレン P1がいた。今回、マクラーレンはそのプラグインハイブリッドのノウハウを応用して、英国の平均住宅価格よりも安い価格でV6スーパーカーを量産したのである。

価格が知りたい?252,000ポンド(3,900万円)くらいだよ。もし671bhpのアルトゥーラがキャラバンを牽引できるのであれば、トップギアのお買い得な計算式にハマったことになる…。

06BMW M240i


見た目の良さにはもう満足したかい?直列6気筒のM240iが4輪駆動を標準装備していることは問題ではないのだろうか?また、2シリーズのクーペからマニュアルギアボックスが消えたことは問題ないのか?などなど、疑問は尽きない。でも、その色については、言うことナッシング。うーん、紫、ムラサキ…。

07SCG 004S


そして、「食器洗い機から借りた圧倒的な名前を持つ最も面白いクルマ」の賞はこれだ。ロードゴーイング・グリッケンハウス、通称SCG 004S。

1960年代にエイリアンのテクノロジーを取り込んで作られたプロトタイプのように見えるこのクルマは、650bhpのGM製V8、オープンゲートのマニュアルギアボックス、中央のドライビングポジションを備えたロードゴーイングGT3レーサーの最初のカスタマーモデルなのだ。

08ポルシェ カイエン クーペ ターボ GT

新しいニュルブルクリンクのSUVラップレコードホルダーは、最高出力630bhpのV8カイエンだ。このことは、ポルシェがランボルギーニやベントレーに「世界最速のSUV」の地位を譲ることなく、安らかに眠りについたわけではないことを見せつけている。あのポップアップウィングを見てよ。さすがに2トンのSUVじゃね。

09リマック ネヴァラ


トップギアは今月初め、クロアチアでリマック ネヴァラに乗った。私たちの小さな心はまだ回復していないままに、リマックはグッドウッドに1台を輸送し、丘の上で爆発させてくれたんだ。目に見えない音を立てずにF1レースカーのように速く加速するクルマの光景を、集まった観客に楽しんでもらうために。

10イネオス グレナディエ


誰もが知っているフレンドリーな化学企業から、実用的なオフローダーが登場した。グッドウッド 2021に登場したおかげで、グレナディエ(Grenadier)はディフェンダー風の外観を持ち、インテリアはボタンに重点を置いたものとなっており、高級住宅地の車道でコーナーを曲がっても、転んだり、ゴツゴツのタイヤを振り回したりすることはないと確認できた。このスタートアップが10億ポンド(1,500億円)の投資に見合う成功を収めるためには、これが非常に重要だ。

ここでは、イネオス社のサイクリングチームのサポート車両として使用されている。上司に確認したところ、一般向けのウェブサイトにこれだけのストレッチ素材の写真を掲載するのは一度だけならOKだそう。

11ロータス エヴァイヤ


手頃な価格で素早く走るロータス エミーラが話題をさらっていた。だが、決して手頃な価格ではなく、物理的にも不安定なハイパーカー、エヴァイヤ EVは、その新しい安定したパートナーを引き立たせるために最善を尽くしていた。最高出力2,000馬力の英国生まれは、今年末にオーナーのもとに到着する予定である。彼らはおそらく、より安いエネルギーを求めて買い物をしたり、裏庭に風力発電機を設置したりしていることだろう。

12アストンマーティン ヴァルキリー


もうすぐだ。アストンマーティン、レッドブル レーシング、コスワース、エイドリアン ニューウェイのコラボレーションは、忍耐強いオーナーのもとに到着するまで約6ヶ月となった。アストンマーティンは、1000bhpのV12スペースシップのロードマナーを最終的に仕上げ、開発し、磨きをかけるために、1秒でも多くの時間を必要としているのだろう…しかし、グッドウッドにプロトタイプを持ち込み、有名なヒルクライムで叫び声を上げる方がリソースを有効に使えると判断した。私たちはこのような姿勢が大好きだ。

13マクラーレン 720S GT3X


ダウンフォースにこだわるマクラーレンがセナじゃないときは?それは720S GT3Xの出番だ。ロードリーガルではなく、レースにも出られない、しかもセナやスピードテール、さらには765LTのような華やかさもなく公開されるという、不思議なクルマだけど。

このクルマは、「もしもレースのルールが週末に破棄されていたら」という空想の産物なのだ。GT3Xは、720S GT3と同じエアロパッケージを採用しているが、エンジンには制限がないため、その名が示すように720馬力を発揮することができる。また、720Sのロードカーよりも200kg軽く、スリックタイヤを履いている。

「セナGTRがあるのに、これには何の意味があるのだろう」などというマクラーレンの意義論にとらわれる必要はない。ただ、このバットモービルがレーシングドライバーのロブ ベルの手によって45秒で丘を駆け上がり、2021年のグッドウッドの公式スピードチャンプになったという事実に酔いしれてほしい。

14ランボルギーニ エッセンツァ SCV12


「レースにも出られず、道路にも出られず、誰にでも買えるわけでもなく、スーパーヒーローにしか乗れない…」クルマってなーんだ?

このとんがり帽子は、ランボのV12へのラブレター、エッセンツァです。基本的には、サンタアガタ社が夢見た最もマニアックな12気筒エンジン(約820bhp)をリアドライブのサーキット専用シャシーに搭載し、250km /hで1,200kgのダウンフォースを発生させることができるとされている。

別の(より良い)世界では、このマシンはアストンマーティン ヴァルキリー AMRと、そして戦闘機と一緒にル・マンのフォトフィニッシュを行っていることだろう。

15ポルシェ 911 GT3 ツーリング


ウイングのないGT3は、週末にグッドウッドの丘を駆け上がり、威厳のあるパッケージの中で9,000rpmの猛烈なスピードを見物人に見せつけた。ツーリングは、標準のGT3の白鳥の首のようなビッグウイングを失っているのだが、それにしてもすっきりしていると思わない?

クロームメッキもセンス良く施されている。ギアボックスは6速マニュアルと7速PDKの2種類が用意されており、スポーツカーとしての必要性を十分に満たしている。ただし、12気筒のシリンダーとフォード フィエスタの体重分のダウンフォースが必要でなければ。その場合は、代わりにあの馬鹿げたランボをどうぞお持ちくださいな。

=海外の反応=
「McMurtry Spierlingはいないの?」
「McMurtry Spierlingは愛するに値する! ワイルドだ。1000馬力近く出て、重さは1000kgに満たない小さな小さな車。言うまでもなく、これはファンのためのクルマ」
「僕にとっては、ロータスがショーを盗んだ。ロータス エミーラとロータス エヴァイヤ?さらに、A…(以下自粛)と違って故障がない」
「ヴァルキリーの坂道でのサウンドは最高だったが、私にとってはMcmurtry Spierlingについての情報が欲しい。小さな小さなクルマだけど、コメンテーターの話を正しく聞けていたら、ファンなクルマだ。また、エッセンツァについての面白い事実は、LMPハイパーカーの安全基準を満たすように作られているということ」
「ここには最高のデビュー作があり、これらのクルマにとても期待している」

アーカイブ

subscribe RSS