GT-Rは滅んじゃいない!日産 GT-R NISMO 2022年モデル

現在、最新モデルの日産 GT-R NISMOは、英国で最高出力592bhpのパワーを誇り、18万ポンド(2,700万円)で販売され、R35 GT-Rへの惜別の意を表している。

しかし、それをエンジニアたちに言ってみてほしい。完璧さを追求することで有名な彼らは、ニスモの新モデルを発表した。GT-Rはまだ死んでいない。

表面的には、よりカーボンボンネットになっている。現行のニスモもカーボンボンネットを採用していたが、外装の塗装がなくなったことで、ここで約100gの軽量化が図られている。その分、薄手の靴下を履けばいいわけだから、そのこだわりは賞賛に値する。2022年モデルのニスモでは、その他のパネルもグレーに変更され、トランクリッドには日産の新しいバッジが貼られている(その他の場所にはGT-Rのバッジが貼られている)。

600bhp近いツインターボV6は、パワーアップはしていないが、私たちの小さな脳などでは理解できないような調整が必然的に行われているんだろう。

ピストンリング、クランクシャフト、コンロッド、フライホイール、バルブスプリングのすべてがリフレッシュされ、エンジンの回転が速くなり、ターボのスプールが早くなったようだ。ターボラグは、旧型のニスモ GT-Rに対する唯一のメカニカルな批判であったことを考えると、これは妥当なことだと思う。しかし、ターボが完全に絞り込まれたときの猛烈な加速に備えるための時間が短くなってしまった。えーっ。

価格はまだ決まっていないが、現行車の180ポンド(2,700万円)よりも高くなるのは避けられないようす。日産にしては高額だが、おそらく、おそらく最後のGT-Rだとしてみると?これは間違いなくバーゲンプライスだ。とりあえず、2023年に出る新型車に、あと100g削るところが見つかるまでは…。

=海外の反応=
「こんなに牛を搾取するんなら、フェイスリフトすることを検討すべき」
↑「ハハハ。そうだね。Webの中古車比較サイトにアクセスすれば、同じ(あるいはそれ以上の)パワーを持った、これと同じような外観の10年以上前のクルマを見つけることができるだう」
「これは、昔ヒットしたアルバムをリリースしたアーティストが、何度か再リリースして、ここに何曲か追加したり、あそこに何枚か新しい写真を入れたりするみたいな出し方だ。あまりにも多くのバージョンが出すぎてて、オリジナルのようなインパクトを与えていない」
「これを買うのはどんな人だろう?きっと、GT-Rの大部分はオーナーによってチューニングや改造が施されているんだろうし。中古のGT-Rを買えば(GT-Rが不足しているわけではない)、もっと安く改造して自分好みにすることができるのに、本質的には15年前のクルマのデザインを工場出荷時に改造したものに、なぜ18万ポンド(2,700万円)もかけるのだろうか?」
↑「古いと言われていても、最後のバージョンが最良のバージョンであることはよくあるじゃん(いつもじゃないけど)。その理由は、すべてのバグを修正し、何度も微妙に改良するチャンスがあったから。これは、デザイン変更の際によくある「最初のモデルイヤーの問題」とは正反対の現象だ。
(ゼネラル モーターズのクルマは、斧にかけられる直前に"完璧"になることで有名)
僕はすでに "古い "クルマに乗っているので、"新しくない"クルマを手に入れても何の問題もありません。そうすれば少なくとも、新しい保証を受けることができ、そのクルマの歴史をすべて知ることができる(さらに、前のオーナーが手を加えたものを整理する必要もない)。
この価格帯であれば、もっと安くても速く走れるかもしれないが、純正のホットロッドにはアフターマーケットで作ったものにはない安心感がある。逆に、もっと高価で適切なものを手に入れて、改造改造は少なくした方が良くて安いということがよくある」
「シャシーをアップグレードすることで、少なくとも610馬力以上のパワーを得ることができ、なおかつ欧州のエミション規制やNVH(Noise, Vibration and Harshness)規制に完全に対応することができるはず」
↑「GT3のターボを搭載して、ecuチューンで大きなパワーを出すことができる。チューニングは重量を取り除くのに優れた仕事をしてくれるよ」
「18万ポンド(2,700万円)といえば、992 ターボ Sの金額だ。宇宙船のように軽くて、パワーがあって、内装もすごく良くて、2+2シーターでもある」
「僕はGT-Rが大好きだ。そして、それを徹底的に改良し続けていることも大好きで。確かに、お金を出せば他にもいいものがあるけれど、ありがたいことに選択肢がありのが、GT-Rの良いところだ。
今では、もちろんファンのためのものですが、僕にとっては伝統的なクルマなので問題ないし、このまま続けてくれないと、がっかりする。マクラーレンを見てもわかるように、多くの自動車メーカーがこのような販売方法を行っているし、もっと厄介な手法だってある。
日産の場合は、やり方が無意味ではない。特別な名前を作ったり、有名な人の名前を付けようとしたりするのではなく、何が変わったのかを詳細に説明し、それを語らせるのだから。それがマーケティングだとすれば、それは確かにエンジニアによるマーケティングであり、PRのタイプのクルマではない」
「生産終了の前にZ-Tuneを出してほしいね。R34 Z-Tuneのときは、生産終了は問題になっていなかったけれど」
「イギリスで1台でも売られていたら、驚くだろう。どこかに大金持ちのメガファンがいるかもしれないが、買える人にとってはもっと魅力的で面白い選択肢があるはずだ」

アーカイブ

subscribe RSS