もしも、トヨタ GR 86にコンバーチブルがあったとしたら…

これは、メタルルーフを取り除いた新しいトヨタ GR 86の非公式レンダリング画像だ。数日前にGT86の再生が明らかになったけど、最新のスバル BRZに匹敵する232bhpで、トヨタのGazoo Racingブランドがターボチャージャーのないものにバッジを付けることに満足している証拠だ。ばんざーい!

しかし、GRのカブリオは登場しないのだろうか?2013年には、GT86の先代モデルのオープントップコンセプトがあったけど、いまだに製品化されなかったことが信じられない。折りたたみ式のファブリックルーフを備え、クーペの後部座席をそのまま利用しているので、見た目の印象は申し分なかったのに。

X-Tomi デザインは、上のイラストでGR 86バージョンがどのように見えるかを想像し、提案を示してくれた。しかし、これまでの経緯からして、このクルマが実際に存在するかどうかっていうのは、賭けるとすれば、あまり冒険はできず、これくらいのものになるだろう。大胆にできないのは残念なことだと思わない?

=海外の反応=
「いや、これはドライバーズカーであって、スマホで自撮りポーズをとっているようなインフルエンサーのためのものじゃない」
「サイドの突起物はレンダリングによる追加だと思っていたが、比較的エレガントなクルマに対して、ダサいボディキットを付けたように見える」
「コンバーチブルはGRの目的に反するものですが、大したアピールポイントがない新型GR 86にトップレスのオプションがない理由はない。素晴らしいアイデアだね」
「マツダのロードスターの前では売上はゴミのようなもの(ホンダ S2000、ポンティアック ソルスティス、サターン スカイ、フィアット 124などを見ていると)、だからダメだろ」

アーカイブ

subscribe RSS