ステルス性バツグン、0-100km/h加速3.5秒のキア EV6

これがキア EV6。EVとは電気自動車のことで、このモデルにはEVしかない。

ヒュンダイとキアは、このEV6とヒュンダイ アイオニック 5に採用されている、まったく新しい電動プラットフォームを持っている。フォルクスワーゲンのIDシリーズのように、ハイブリッドやPHEV、オールバッテリーを選択できるクルマを製造するという道は取っていない。

かつてキアは、長距離走行が可能で価値の高い電気ドライブトレインを、(確かにかなり退屈な)ニロのボディに詰め込むという、驚くほど堅実な仕事をしていた。さて、この電気自動車がどれほど優れたものになるか、想像してみてほしい。

想像を膨らませるために、1つの数値を紹介しよう。ゼロから100km/hまで3.5秒。もうひとつの数字は、20分以内の充電で354kmの航続距離を実現するというものだ。もちろん、どちらの数字にも小さな但し書きの文字が付いているが、それにしてもこれは本格的なキットである。

EV6は、2021年秋に英国で発売される。ベース車両は40,895ポンド(625万円)で、2種類のバッテリーのうち大きい方を搭載すれば、航続距離は509kmになる。これはお買い得だ。さらに驚くべきことに、0-100km/hを3.5秒で走るGTは58,295ポンド(890万円)で、スーパーカーに近い加速を、非常に安く手に入れることができるのだ。しかし、それが登場するのは2022年秋なんだけれど。

サイズ的には、VW ID.4とフォード マスタング マッハEの中間といったところだろうか。さて、当然ながら、みなさん、はまだこの2つのモデルを路上で見たことがないはず。しかし、ロングホイールベースとフラットフロアにより、より広いキャビンスペースが確保されている。

誰もエンジンを搭載したクルマとは見間違えないだろう。大きなキャビンと短いボンネットというプロポーションは、ボンネットの中に金属の往復運動をするスペースを必要としないクルマのようだから。その代わりに、フロントトランクがある。この場合、フロント+トランクのフランクではなく、フロント+ブートのフルートと呼んでほしい。

ルーフは飛び出し、滑らかにモデリングされたウィングは意図的に膨らみ、ディテールはシャープだ。ドア下部に沿ったスラッシュは、リアライトを目指してリアで上方に伸びている。ちなみにこのライトは、下半分がウインカー、上半分がブレーキ/テールランプのループになっている。

デザインディレクターのカリム ハビブは、起亜自動車の新しいデザインテーマを「Opposites united(相反するものをひとつに)」としている。ソフトでオーガニックなボリュームと、テクニカルなライトやジュエリーとの出会いを表現している。

全体のフォルムについては、ハッチとクロスオーバーの融合、さらには大きく膨らんだスタンスと大きなグランドクリアランスを持つラリーカーのようなものだと言っている。

室内では、1枚のガラスパネルの後ろに2つの曲面ディスプレイを配置し、カスタムメイドのショートカットキーにより、シンプルな操作性を実現。また、AR(拡張現実)HUDも搭載されている。多くのEVと同様、トランスミッションのトンネルがなければ、センタースクリーンの下に収納スペースを確保することができるのだ。

100本以上のリサイクルされたペットボトルが、機内のファブリックに使われている。毎日1本のペットボトルを捨てている人には少ないかもしれないが、ペットボトルから水を飲むのをやめている人には、地球にやさしい商品といえるだろう。

スペックは、バッテリーのサイズと、リアのみ、またはフロント&リアのモーターとの組み合わせのマトリックスだ。ベースモデルはFRで、58kWhのバッテリーを搭載し、WLTPで約378km走行する。出力は170bhp。AWDにすると、モーターが増えることで総出力が上がる。77.4kWhのバッテリーを搭載すれば、FR車で509km(WLTP)の航続距離が得られる。この場合も、モーターを追加することでパワーが増し、速くなる。

ちなみに、関連モデルのヒュンダイ アイオニック 5は、バッテリー容量が72kWhと小さいため、航続距離はやや短くなる。

EV6のビッグダディはGTだ。GTは、より大きなバッテリーに、よりパワフルなモーターを搭載し、最高出力584bhpを発揮し、どこぞのキドニーグリルをパンチできるような加速を実現する。電子制御式のリミテッド・スリップ・デフも装備されており、状況が変わったときに役立つ。しかし、同じバッテリーを搭載しても、WLTPテストでは409kmしか走れない。

その実力を証明するために、キアはカレラ 4やランボルギーニ ウルスなどと400mのドラッグレースを行った。その結果、マクラーレン 570Sにわずか1車身差だった。このGTの外観は、ファミリー向けクロスオーバーの主流モデルと競合するベースモデルとほとんど変わらないため、かなりステルス性が高いと言える。

急速充電機能は、ポルシェ タイカンと同様に800ボルトの電子回路を使用している。350kWの超高出力充電器があれば、わずか18分で10-80%の充電が可能だ。そうでない場合は、アダプターなしで、より一般的な400V(つまり150kW)に対応する。

この新型キアとヒュンダイが持つもう一つのパーティートリックは、双方向充電器で、3.6kWの主電源を出力できるということ。これは、非常に高級なコーヒーメーカーに電力を供給するのに十分な量であり、また、少し遅い他の電気自動車を充電することもできる。

キアは、安価な電気自動車については、ハイブリッドエンジンを搭載した「マルチエネルギー」モデルを展開する予定だ。しかし、EV6と、このプラットフォームを採用した将来の関連車は、そのスペース、デザイン、航続距離、ダイナミクス、急速充電などの点で、「妥協のないEV」であると、キアは言っている。

=海外の反応=
「リアエンドを除けば、純粋に良いクルマだと思う」
「さまざまなタイプのデザインが好きだ。デザインに関しては、ワクワクするものを与えてくれる。例えば次のアウディは、他のモデルと同じように見えても、ライトが違っていたり、クラスに合わせたサイズになっていたりするよね。私は、メーカーがデザインを180度変えて、新しいものを提供するのが好きだ。フォードならエスコートからフォーカスのように、同じクラスでデザインが大きく変わる。そうでなければ、すべてが少し退屈で予測可能なものになってしまう」
↑「その通り。僕は、メーカーがすべての車に同じことをしないのが好きなんです。一時的に「あれ、なんだっけ」ということがあっても、特に今の時代は検索すればすぐにわかる。そして、新鮮なデザインのワクワク感は、「ああ、全部に同じグリルを付けて、ほとんど同じヘッドライトとテールライトを付けりゃいいか」という態度に勝つんだ」
「KIAは5分間だけでもデザイン言語を変えるのをやめてくれないだろうか。ヒュンダイと同じで、自社の製品でさえ一貫性を保ててないよ。混乱してはいるけれど、少なくともメルセデスやプジョーのあからさまなパクリではないよね、現代自動車は?」
↑「それが何か問題でも?欧米の自動車デザインでは、シリーズ全体に一貫したデザイン言語を期待するように教育されているが、それが唯一の方法というわけではないし。キアとヒュンダイには、ブランドへの忠誠心やデザインの伝統といったものはないんだろう。そのため、それぞれの新型車はそれぞれの長所を生かして成り立っている。このクルマはアイオニック 5と同じプラットフォームを使っているが、同じ "EV SUV "というアイデアをまったく違う形で表現したものであり、どちらも素晴らしいものだ。

内外装の強い個性的なデザインは、パワートレインやハンドリング(自動車がより自律的に動くようになると)の違いがなくなる世界では重要な差別化要因になるけれど、ヒュンダイはそのことを他の自動車メーカーよりもよく理解しているようだ」
「山積みの電池の上に置かれたスマートフォンから生み出されたデザインの数々」
↑「で、ツインターボのV8よりも速い」
↑「僕は、年配の会計士が直線でテスラのコントロールを失い、道の両側でウィングミラーを外しているのを目撃したことがある。笑」
「こんな企画やってほしい :- キア EV6 vs ランボルギーニ ウルス Vs AMG GT vs マクラーレン 570S vs ポルシェ 911 vs フェラーリ カリフォルニア - ドラッグレースは結局テスラが一番だった!」
「外観は素晴らしく、内装はVWっぽいが、とても良くできている。このクルマには好きなところがたくさんあり、素晴らしい技術もある」
「くだらない。自動車メディアは、EVの加速時間やスーパーカーを凌駕する性能について絶賛し続けているけど(まるで知らなかったかのように)、その結果、満タンまでの充電時間や利用可能な充電ポイントなど、ユーザーエクスペリエンス全体に貢献する他のより重要な要素を低く評価している。予想通りで疲れた。まあ、見た目はいいけどね」
「最近のアイオニック 5/6やこのキア EV6は、その中でもまともなデザインで、よくやった!と思う。このスペックを見て、化石車を買う人の気が知れない…。僕はVW ID4やフォードよりもこちらを選ぶわ…」
「エンブレムの変更はとてもナイス」
「起亜とヒュンダイは、最近、美的感覚の面で非常にプジョー的な一歩を踏み出した」
↑「実はこれ、どこかシトロエンDSやSMに似ているなと思ってた」
「リアはアストンマーティンに似ているね。気に入ってる」
「iNextよりもこっちを選ぶな」
↑「そのデザインは、BMW i4とは正反対の素晴らしいものだった」
↑「良い点ついてるね。でも、キアがBMWよりも優れたデザイン、おそらく優れた技術と価値を持っていて、低価格であると考えるのは非常識とされてしまうんだ」
「すぐに思ったのは、デザイン的には、タイカンとe-Tron GTという2つの魅力的なEVに匹敵するものだということ。

僕はまだEVを買う気にはなれないけど、これが買えたら考えが変わるかもしれない。素敵だね」
↑「このキアは、他の低価格電気自動車のライバルを凌駕するかもしれない。新しいロゴは素晴らしいし、グレーとアシッドグリーンのクールなミックスカラーとメタリックなルージュの両方がとても素敵だし、素晴らしい形のデザインスタイルだ。キアの手頃な価格、サービス保証、その他のボーナスで、かなり売れるかもしれないし、良いバッテリーを搭載すれば、お気に入りのシティEVコミューターになるかもしれない」
「他の主要な自動車メーカーの皆様、もし面白いクルマとはどんなものか気になるのであれば、韓国に出かけることをお勧めする」
↑「BMWよりもキアやヒュンダイの方が良さそうな時代が来るとは思わなかった!(信頼性も高いし)」
↑「隔週で何か新しいものが出てくるような一貫性があり、驚くような外観だ」
↑「そして最もおかしなことに、世代を重ねるごとに(価格もスペックも)着実に高級化しているのに、間違いなくさらにお買い得で価値のあるものが手に入るのだ」

アーカイブ

subscribe RSS