ベントレーが99.5%のCO2排出量削減で、2025年の目標に向けてさらに前へ

ベントレーは、クルーの製造過程における最新の環境及び持続可能性に関するデータを公開し、世界で最も持続可能なラグジュアリーカーメーカーになるという目標に向け、さらに前進した。2010年と比べ、すべての分野で目覚ましい改善があり、2025年までに製造過程における環境負荷を75%削減するという目標に向けて順調に進んでいる。

2010年から2020年までのデータによると、ピムスレーン工場におけるCO2排出量は劇的にしており、2010年比で99.5%も減少し、1台当たりたったの29㎏になった。
このCO2排出量の削減は、主に工場内のソーラー発電システムで生産されるエネルギーを利用した結果であり、さらに工場内で初めて12か月サイクルでグリーンガスと電力を供給した。

また、世界で最も人気の高いラグジュアリーカーブランドであるベントレーの本社内で行われた様々な革新的施策も、CO2削減に貢献している。例えば、超低排出燃料である水素化植物油(HVO)燃料施設を導入し、従来型燃料の替わりに工場内の物流で利用している。

自動車の製造過程における水使用量も、同じ10年間で55.9%削減し、1台当たり21.1㎥から9.31㎡になった。約12㎥の削減は、バスタブ約150杯分に相当し、水のリサイクルシステムの導入や在宅勤務者の増加に伴う工場内での生活用水の使用量の減少により達成された。

循環型経済的アプローチを反映したリサイクルプロセスの改善により、リサイクルできず埋め立てられる廃棄物の量は2010年比で99.1%減少し、昨年は1台当たりわずか3.57kgとなった。

製造部門担当の取締役であるピーター・ボッシュは以下のように説明している:

「気候変動に配慮した「ドリームファクトリー」の設立は、世界で最も持続可能なラグジュアリーカーブランドになるというベントレーの「ビヨンド100」戦略の中核をなすものであり、環境に配慮した製造過程の見直しを始めて10年目を迎えたフォルクスワーゲングループ全体の "go to zero "の精神を反映したものです。

ベントレーは、資源効率化及び循環型経済的アプローチをさらに推し進め、2025年までに製造過程での環境負荷を2010年比で75%削減することを目標にしているため、今回、エネルギー、水、原材料の分野でこのようなポジティブな結果を得られたことは、大変喜ばしいことだと考えています。

この目標を達成するためには、ベントレーの製造に係わるすべての人の協力が必要です。そこで、2021年は、工場の持続可能性に関してパラダイムシフトを起こすという新しい「Wings」製造戦略の立ち上げに、従業員が参加することからスタートしました」

https://www.bentleymotors.jp

アーカイブ

subscribe RSS