【大流行のレストモッド】チーフテンの700hpレンジローバー エクストリーム


誰が作ったの?

ジェンセン・インターナショナル・オートモーティブ(JIA)という会社が大元で、こちらは、当然のことながら、クラシック・ジェンセンの再生を専門としている。ジェンセンは、イギリスのバーミンガムにあった、スポーツカーや商用車の自動車メーカーだ。JIAのチームは、レンジローバー・クラシックの分野にも手を広げ、現在はチーフテン・ブランドとなっている。驚くほど現実的なアプローチをとるJIAのチームは、かなり現実的な期待を抱いている。「偉大なクラシックカーの中には、現代の生活の中では、その役割を果たすことができないものがあることを認識しています。ですから、私たちの中心となる目的は、その期待を超えて、幸運にも夢を実現することができたお客様に、本当に素晴らしいものをお届けすることです」

これを翻訳すると、基本的には「クールな古いものって、実はちょっとしたゴミだってことにも気付いたので、お金に余裕があればそのクルマを整理しますね」という意味になる。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/03/30401/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ