トヨタ GR ヤリスでWRCに挑むエルフィン エバンスが語るラリーカーと市販車の共通点

2021年のWRCがモナコおよびフランスで開催される、伝統のターマック(舗装路)イベント「ラリー・モンテカルロ」で開幕した。ここでは、Gazoo Racingのイギリス人ドライバー、エルフィン エバンスの参戦直前インタビューをお届けしよう。

「去年のシーズンは遅れていたが、今年はあっという間だった」とトップギアに語る。「去年のシーズンをほぼ終えて、クリスマス休暇をとって、モンテカルロに向けてテストと準備に入ったんだ。これまでのどのカレンダーよりも短いオフシーズンだったので、1月に入ってからは可能な限りの準備をするために、かなり集中していたね。
昨年から学ぶべき貴重な教訓はいくつかあるけれど、全体的にはまだポジティブな年だった。もちろん、望んでいた結果ではなかったし、2021年はもう一つ上を目指している。でもチーム全体のフィーリングは良く、安定感がでてきているのはいいことだと思う。昨年はすべてが新しくて新鮮だったけれど、今はすべてに対して少しずつ慣れてきているので、チームと一緒に良い年を過ごせることを期待しているんだ」

2020年シーズンフィナーレの前夜に彼に話を聞くいたのだが、エバンスはリチャード バーンズ以来の英国王者となる可能性に期待と興奮が膨らみ、そればかりに注目が集まることを拒否した。

「タイトルを獲得するためには、強力なパフォーマンスが必要で、現実的には3位以内に入ることが必要だと思っていました。セブ(エバンスのトヨタのチームメイト、セバスチャン オジェ)が少なくとも優勝を狙っていることと、彼が全力を尽くしていることは明らかだった。自分のアプローチに大きな後悔はしていない。それが今の状況なんだ。
昨年は良い成績を残したけれど、もう少し良くならないといけないと思うところもあった。ほとんどのラリーではかなり接近していたが、他のライダーが優位に立っているところもあったと言えるだろう」

エバンスは、ダメージを受けたトヨタから飛び出して後続車のドライバーに手を振り、危険なコンディションであると注意を促したことで、多くの賞賛を浴びた。これは本能的なものだったのだろうか?

「そう思ってるけど、チームにとっては非常に大きなリスクがあったね。もし彼が同じ場所に行ってしまう可能性があるとしたら、2人とも世界チャンピオンになれない可能性があり、それはチームにとっても良くない。僕が道を離れたときに、すでに一撃を食らっていたんだから。今年は、自動車メーカーの挑戦はすでに暗雲に包まれていたし。だから、少なくとも、セブがチームのために1つのタイトルを得られるようにすることで懸命だったんだよね」

2021年のWRCヤリスは2020年のものとほとんど変わらず、2022年には規制の大幅な見直しとハイブリッド技術の導入が予定されている。現行のヤリスWRCにとっては2021年が最後のシーズンとなる。ヤリスWRCはこれまでに、出場したWRCイベントの3分の1以上にあたる17勝と、322回のステージ優勝を獲得している。2018年にはマニュファクチャラーズタイトルを、2019年と2020年にはドライバーズタイトルとコ・ドライバーズタイトルを手にしており、2021年は3つの選手権タイトル獲得を目指している。また、今シーズンからイタリアのピレリがWRCトップカテゴリーチームに対する単独タイヤサプライヤーとなったため、ヤリスWRCは新たにピレリタイヤを装着してシーズンを戦う。
このトヨタのWRCカーは、その反対側で販売しているロードカー、センセーショナルな新型GR ヤリスと同じようには見えない。とはいえ、エバンスはウェールズの地元の道路を走行したことがあるので、メカニカルなつながりはあると断言している。

「ラリーカーの生々しさが伝わってくるんだ。トランスミッションのフィーリング、特にデファレンシャルの効き方はラリーカーを代表するもの。最近のクルマは電子機器が増えてきているので、ますます希少になってきているが、これは間違いなくリアルなドライビング体験が得られるクルマだと思う。だから、運転していてとても特別でエキサイティングなクルマだと言わざるを得ないよ]

四輪駆動のパワースプリットは3つのモードで調整可能だが、彼のお気に入りはどれだろうか?「グラベルでは50/50のスプリットが緩い路面では効果的だけど、サーキットでは70/30のリアバイアスがいいね。でも公道では50/50か60/40のフロントバイアスが効果的だよ。ステアリングがどうなっているのかを正確に把握できるからね。
このクルマで本当に驚いたのは、グリップ力とエンジンだ。エンジンは3気筒にしては驚くほどのトルクがある。まだ実際には買っていないんだ。ラリーカーに合わせて左ハンドルのものを手に入れようとしているんだ。これがなかなか難しいんだが、今はそれに取り組んでいるところだよ。
でも、残念ながら、僕のロードカーのポートフォリオはそれほど印象的なものではないんだ。しばらくはMk1 フォーカス RSに乗っていたけれど、若い頃はそんなに速いロードカーに乗ったことはなかった。もっと良いレースカーやラリーカーを手に入れるために、ランナバウトで走り回っていたっけな。でも今は仕事でラリーカーを運転するようになったから、もっと乱暴な運転をしているかもね」

アーカイブ

subscribe RSS