アウディ e-tron GTにAudi House of Progress Tokyoで会える日

アウディの2021年初会見が、南青山にオープンしたばかりのAudi House of Progress Tokyoから、行われた。この場所は、アウディによって全世界展開されるブランドストア「House of Progress」の世界初の施設である。こちらでは、アウディブランドの歴史や哲学、アウディモデルのデザインを、プロジェクションマッピングとジェスチャーコントロールなど、時節柄タッチレスのインターフェイスを駆使して体験ができる。また、コンセプトカーの展示もあり、オープン時にはQ4 スポーツバック e-tron conceptを、その後e-tron GTが予定されている。
会見は、アウディ・ジャパンのフィリップ ノアック代表取締役社長によって行われた。まず、グローバルでは2020年、1,692,773台を販売し、前年比-8.3%と、コロナ禍にあっては大いに健闘した数字で着地した。2020年第4四半期に、アウディ史上もっとも多くの車両を販売したほか、中国では合計72万7,358台(+5.4%)の車両を販売し、新記録を達成した。翻って日本市場では、22,304台で、-8%となった。プレミアム市場全体は-15%ということから比べると、アウディは最小限の販売減少となり、「Audi together-心をひとつに-」を合言葉に団結した結果である、とノアック氏はまとめた。第2四半期では、過去最高の販売台数も記録しており、とくにA3ファミリー、Q2、Q3ファミリーが、日本での牽引役となった。このことは、2021年以降に向けて、30,000台以上のポテンシャルがあるということでもあり、より一層の販売拡大に向けて進んでいくということだ。昨年日本に導入したe-tron スポーツバックをはじめ、今後は電動化にも積極的に取り組む。ディーラーへの投資も31億円を予定しており、新しい店舗も作っていく。とくに中古車は13,925台と+2.7%となり、新規顧客を得るためにも中古車ビジネスは重要だという。
そして、すでに昨年発表されているe-tron Sportback 55 quattroのラインに、50が加わった。
e-tron Sportback 55 quattroは95kWhのバッテリー容量で、300kWと664Nmの最大出力と最大トルクを発生させたが、今回追加したe-tron 50 quattroおよびe-tron Sportback 50 quattroの電池容量は71kWh、システム出力は230Kw/540Nm、満充電での走行距離は316km(WLTCでの計測)となっている。その一方、車重はe-tron Sportback 55 quattro 1st editionの2,560kgに対して、e-tron 50 quattroは2,400kg、e-tron Sportback 50 quattroは2,410kgと150kg以上軽量だ。だが、0-100km/h加速は6.8秒など、大型SUVでは申し分ない。
快適性や運動性能だけでなく空力性能にも貢献するアダプティブ エアサスペンションは全車標準、先進的なバーチャルエクステリアミラーは引き続きオプションで用意される。高い剛性と高度な熱管理が技術的特徴のe-tronのバッテリーモジュールは、「55」と「50」で基本構造は同じだが、「55」ではセルモジュールを一部、“二階建て”構造とすることで95kWhの大容量を達成していた。
e-tron 50 quattroの価格は933-1,143万円まで4モデルだ。e-tron 50には、「base」、「advanced」、「S line」の3グレードを、e-tron Sportback 50は、「S line」のみの設定となっている。日常ユースの大部分をカバーする316km(50 Sportbackは318km)のレンジを確保する一方で、Audi e-tronならではの高い快適性、走行性能と充電環境を、低い価格で手に入れられる魅力的なモデルになっている。Audi e-tron 50には約30万円相当の減税メリットがあり、またクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(e-tron:23.2万円、e-tron Sportback 50:23.6万円)も受けられる。
2025年までに30%以上の電動化を宣言しているアウディ。ノアック氏も「楽しみにしている」と言っていたe-tron GTは、ワクワクできそうな一台だ。Audi House of Progress Tokyoは5月末までの期間限定オープンだというが、それまでにコロナが一段落して、Audi House of Progress Tokyoでコンセプトカーが見られる日が早く来るといいのだが。

https://www.audi.jp/progress/audi-brand-store/

アーカイブ

subscribe RSS