【トップギア試乗】フェラーリ 812 GTS

凶暴なのに親しみやすい、812は歴史に残る発明品だ。ルーフオンでもオフでもね。

いいね!↑

ノイズ、パフォーマンス、812がくりひろげるドラマすべて。

イマイチ↓

普段使いってクルマじゃないかも。

概要

どんなクルマ??

ひょっとしたら、今みんなは一つの時代の終焉を見ているのかもしれない。フェラーリ812 GTSのシャークノーズの中身は、ターボなしで9,000rpmに到達させる能力のある6.5リッター V型12気筒エンジン。本家、ルーフ付きの「普通」の812 スーパーファスト(もしこのようなクルマのことを「普通」だと呼べるのならね)からは、もうとっくにお墨付きをいただいてるんだ。812 GTSはもはや眼福のアート作品で、そのノイズや驚異の推進力には、抗いがたい魔力が宿っている。

はたして、この自然吸気のV型12気筒エンジンのフェラーリは、将来、ターボや電気アシストなしでも生きながらえるのだろうか? その答えは実際に時間が経ってみないとわからない。そういうわけなんで、とりあえず今は、フロントに積んだ12気筒の傑作が歓喜のノートを奏でる、ルーフを折り畳めるタイプの812をお楽しみあれ。

たくさんあるやり方の中で、その最も新しいものが812 GTS。ちょっとこれまでの例を挙げてみると、フェラーリV12 GTのコンバーチブルがそう。限定品のスペシャルなモデルとして扱われてるね。あと、550 バルケッタ ピニンファリーナ。室内を濡れないようにすることしか能がない、バタバタバタバタうっとおしいキャンバス生地がくっついたやつね。ああそうそう、575Mスーパーアメリカってのもあったっけ。くっそ複雑なタルガトップと、えっとなんと言うかその、「ワクワクするような」リアの形をしたやつ。

もっと最近の例で言うと、599 SAアペルタもあるよね。 でも、599 GTBフィオラノの後継車、F12 ベルリネッタに限ってはコンバーチブル化を回避し、フェラーリ史上初のV12ロードスターとして長いこと君臨してる(正確には1971年式のデイトナ スパイダーがそうなんだけどね、現在は受注生産になってるんで、「現行」で言うとF12ベルリネッタがフェラーリ初のV12ロードスターって扱い)。

スーパーファストに搭載されているものと同じエンジンは、6.5リッターのユニット。これが機敏な7速のパドルシフトギアボックスやあらゆる電気システムの動力源となり、800psの最高出力と718Nmの最大トルクで後輪を駆動する。こんなふざけた数字、道路ではとうてい使いきれるわけがない。また、メーカー流に言うところの「バーチャル ショート ホイールベース」なるものが採用されているそうだが、まぁ早い話、「四輪操舵システム」ってことみたい。0-100km/h加速は3.0秒未満、0-200km/h加速は8.3秒で、トップスピードは340km/h!

ルーフは開閉式のメタル製で、アペルタとかの812の名を汚すことのないモデルたちと同じというよりかは、F8 スパイダーの方に近く、デリケートなセットアップとなっている。リアのクォーターライトウィンドウや控え壁がない姿をさぞかしイジリたいことだろうけど、フェラーリに言わせればそれは「前方への突き上げ感を視覚的に表現したデザイン」なんだそうな。「もしかして、その前方への突き上げ感とやらってパパっと適当に作られたんじゃないの?」って疑ってたらいけないんで、一応説明しとく。

ルーフの折り畳みにかかる時間は14秒ほどで、48km/h以下で走っている限りは開閉が可能。14秒なんて驚くに足りない数字なんだけど、14秒あればどのくらい加速できるか想像してみたらいい。それに、その動きを観察していると、滑らかさに驚かされることだろう。それどころか、他車の折り畳みルーフに比べたらとっても厳かな感じがするんだ。やってみるなら停止状態の時にやってみるのを心からおススメするよ。そして「ショー」を存分に堪能してほしい。「ノイズウィンドウ」もついてる。折り畳まれていたルーフが伸びてくると同時に、電動リアスクリーンも伸びてくる。これにより雨風などのノイズをシャットアウトできるってわけ。

あと、すごく些細なんだけど、大事な部分がある。リアのディフューザーが刷新され、スーパーファストと遜色ない空力性能を得たんだ。あと、ラフェラーリ アペルタの技術を拝借し、「ウィンドスクリーンの上角につけられた二つの小さなL字型のフラップが気流の塊をつくり、即座に後方へとアウトウォッシュする」――要は、キャビン内の気流の乱れを徹底的に抑えたんだって。さて、さっきまで気にも留めてなかったことを知っちゃった今では、もうチェックせずにいらんないだろ?

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール