人間の嗜好の多様性も追いつかない!?5,000通り以上の組み合わせができるベントレーのインテリア

ベントレーユーザーの平均年齢が下がり続けているという。ベンテイガやコンチネンタル GTの刷新に加え、V8モデルの登場も関係しているに違いない。だが、そうなると、嗜好は多様化してくる。終始ドライバーが触れているインテリアは、とくにバリエーションの豊富さが肝となるだろう。
その点、ビスポークを得意としているベントレーであれば、問題がない。今回、インテリアで選択できるウッドのオプションが新たに拡充され、塗装されたウッド、オープンポアウッド、テクニカルフィニッシュ、さらには石材など、5,000以上の組み合わせが可能になった。これなら、人間の嗜好の多様性も追いつかないほどだろう。

1921年の最初のベントレーの登場から、世界で最も優れたグランドツアラーは木製のダッシュボードを装着して販売されてきた。近年では、倫理的に調達された持続可能なウッドを使用したベントレーの内装は、業界をリードするものとして認められている。ベントレーのウッドの職人の技術は、最高級のキャビネットメーカーの技術と同様です。数十分の1ミリ単位の精度でウッドパネルを成形し、研磨することで、キャビンに自然な贅沢さの中にある複雑さや美しさをもたらしてくれる。

例えばコンチネンタル GTには、7種類の異なるウッドが用意されており、シングルフィニッシュとしても、グランドブラックとのペアリングによるデュアルフィニッシュとしても使用できる。さらに、ベントレーマリナーのエクステンディッドウッドオプションでは、2種類の木材を組み合わせてデュアルフィニッシュにすることができる。

伝統的なラッカー塗装のウッドパネルとまったく違うものを希望するユーザーのために、ベントレーは現在、多数のウッドパネルとマリナーパーソナルコミッショニングオプションを用意し、ラグジュアリーな選択肢を提供している。その中から、いくつかご紹介しよう。

まずは「ストーンパネル」で、究極のコントラストが生まれる。
ベントレーマリナーは、最先端の技術を用いて、2億年以上前に形成された石を用いて、厚さわずか0.1mmの非常に軽量なパネルを作ることができる。自然な「オープンポア」仕上げで、目で見て感じるだけでなく、石の質感を感じられる。
粘板岩と石英石は、古代から石工文化が豊かなインドのラジャスタン州とアンドラプラデシュ州の厳選された採石場から持続可能な方法で採取されたもの。石材の断面は、大きめのものから分割され、特注の樹脂を使って硬化される。最後に、イギリスのクルーにあるベントレー本社の世界的に有名なマリナーコーチビルディングチームによって、形を整え、手作業で仕上げられる。
オータムホワイト、カッパー、ギャラクシー、テラレッドという4種類の石の色があり、様々なインテリアに合わせて選ぶことができる。
ストーン、ピアノ塗装、オープンポアのいずれも、シングルフィニッシュもしくは上または下のグロスグランドブラックウッドと組み合わせたデュアルフィニッシュとして、選択肢をさらに広げてくれる。

次に「ピアノ塗装パネル」で、色の優先順位をつけられる。
パネルに色を加えたいユーザーには、ベントレーマリナーのピアノ塗装パネルが選べ、ベントレーの熟練した職人が厳選した同じ品質のパネルを使用し、ラッカー仕上げのウッドを選択した場合と同様に、完璧な表面仕上げを実現する。ラッカー塗装を行う前に、パネルを手作業でサンディングし、完璧な仕上がりになるように慎重に塗料を塗っていく。塗装後には、最終的に羊毛を使って鏡のような仕上がりになるように磨き上げるのだ。
ベントレーマリナーは、ベントレーの88種類の外装色、または8種類の内装色(ベルーガ、バーントオーク、クリケットボール、カンブリアングリーン、ダムソン、インペリアルブルー、リネン、ポーポイズ)に合わせて塗装することができる。

そして「オープンポアウッド」、こちらは、持続可能性と質感のためのものだ。
フルラッカーの光沢を避けたい方のために、マリナーでは、保護のためだけに極薄のマットラッカーで仕上げたオープンポアパネルを使用するオプションを用意している。リキッドアンバー、ダークバーウォールナット、タモアッシュは全てオープンポア仕上げである。
厳選された最高級のストックのみを使用したオープンポアウッドは、わずか3層の極薄ラッカーで塗装されており、その厚さはわずか0.1mmに過ぎない。それに比べてベントレーのハイグロスラッカーコーティングは0.5mmの厚さで、光沢のある滑らかな仕上がりになっている。ラッカーを塗る際には手で塗り重ね、塗り重ねる間にサンディングを行うことで、木材の自然な溝にラッカーが密着する。その結果、ワックスのような仕上がりとなり、本物の自然な色と木の質感を完璧に際立たせてくれる。
この繊細な技術により、ベントレーのユーザーには木材の質感を実際に感じてもらえるのだ。オープンポアウッドの色や木目の違いは、それぞれが微妙に異なることを意味し、真にユニークなベントレーのインテリアを提供する。

最後に「テクニカルフィニッシュ」で、スポーツの美しさを最大限に引き出すためのものだ。
テクニカルフィニッシュでは、高光沢のカーボンファイバーがウッドパネルの代わりに使用され、インテリアに現代的で技術的でスポーティな雰囲気を加える。
光学樹脂加工により、カーボンファイバーの立体感が最大限に強調され、コックピットのドアからドアの周りを流れるようなシームレスな幾何学的な表面を実現している。
新型ベンテイガならではの、見事なダークティントダイヤモンドブラッシュドアルミニウム仕上げのトリムがベントレーで初めてオプションとして用意された。ベントレーのマトリックスグリルのデザインを彷彿とさせるこの絶妙な仕上げは、アルミニウムを多方向から正確にブラッシングするという複雑な工程を経て作られ、現代的な立体感を実現している。
https://www.bentleymotors.jp




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール