なぜこんなにもジュリア GTAがクレイジーなアルファとして期待されているのか?

希少かつ高額

もう一つ分かっていることは、安価ではないということだ。GTAの値札には、ほとんどの人が昨今の状況も踏まえて、悩まされることになるだろう。現在の為替レートでは、「通常の」4人乗りGTAは160,000ポンド(2,200万円)からだ。より軽量化されて、2人乗りにしたいと言うなら、GTAmがそれに該当するのだが、さらに5,000ポンド(70万円)近く必要になる。どうしてそんなに?自動車軽量化の経済学とは、このように奇妙に推移しているからだ。
そうは言っても、アルファは親切にもパープルセクターのレーシングユニフォーム、ヘルメット、風の打撃を和らげるクルマのカバーを付けてくれる。また、レトロな色で塗装して、これまでのイメージとは違ったアルファ ロメオにすることも可能だ。最も重要なのは、500台(GTAとGTAmの合計)のみが製造されることだ。これでは、多すぎる?ジャガー プロジェクト 8は同様の価格で、よりパワーのある四輪駆動だ。ジャガーは英国のリシ スナック大臣の財政奨励金やスキームの力を駆使して売り込もうとしていた。だが、それでもジャガーは苦戦を強いられている。
しかし、アルファにはイタリアの情熱、魅力、そしてブランドバッジという要素を持っている。これこそが、人々がアルファを乗り続けている理由なのだから。なぜ今になって、人々はためらうっていうのだろうか? 見た目と同じくらい速いことを祈るけれど。まあ、110本のキャンドルが刺さっているチョコレートロールケーキよりは速いだろうね。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール