なぜこんなにもジュリア GTAがクレイジーなアルファとして期待されているのか?

リトルモンスター

レディ ガガのファンクラブのことじゃない(GTAmの性能はレディ ガガのファンクラブのようにビッグなものだけどね)。新型GTAは、“イル・モストロ”と呼ばれているのだ。イタリア語の成績が良くなかったのなら、“怪物”といえばわかるかな。
新型ジュリアの無茶な計画案が、アルファの先進開発部門を通過するのに、それほど時間はかからなかった。当時は40人ほどのFCAグループのエンジニアが古いバス工場に数年間も閉じ込められていて、一新されたプラットフォーム開発とアルファの財政が回復するまで戻ってくるなと言われていたのである。そして、彼らの努力によって生み出されたのが、ジュリアとステルヴィオだった。開発の過程で、ある熱心なエンジニアとデザイナーが、ジュリアの性能を最高のものにした。開発当初、その性能を公にするには早すぎたので、2019年という記念の年を活気あるものにするために、発表を遅らせたのである。アルファの販売不振や8Cやハイブリッドクーペの失敗も影響していると考えられるが、アルファは決してこの件については話してくれないだろう。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2020/10/26077/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ