ベントレー、新しい英国本社の最先端エンジニアリング試験施設で電動化を推進

英国クルーにあるベントレーモーターズの本社に建設された新しい最先端のエンジニアリング試験施設が、公式の「トップアウト」セレモニー(上棟式)を経て、完成に近づいている。伝統的な最後の梁の取り付けの代わりに、ベントレーの製造・エンジニアリングの役員が英国産のオークの木を植樹し、未来へのルーツを築いた。
このエンジニアリング試験施設は、すべてのベントレーが手作業で製造されているピムズレーンで進行中の開発における最終段階となる。ベントレーでは、伝統的に梁の取り付けが完了した時点でトップアウトを祝うのが恒例となっているが、今回は、持続可能性の向上とクルーの敷地周辺での生物多様性の発展に向けた継続的な取り組みを示すために、代わりに植樹を行った。

植樹を終えたばかりの、エンジニアリング部門の役員であるマティアス ラーベ博士はこうコメントしている。
「この新しい施設は、すでに業界をリードする近代的な工場の本社をさらに強化し、当社のモデルレンジの電動化に向けての成長を可能にします。さらに、重要なことに、電動化に向けての旅を急速に加速させる中で、独自のエンジンをテストするための独立性を確保することが可能になります」
同じく植樹に参加した製造部門の役員であるピーターボッシュが付け加えた。
「同時に、私たちは環境への配慮も強化しています。昨年はすでに100本の植樹を行っており(個人的にすべて参加したわけではありませんが)、生物多様性の模範となり、将来的には持続可能なラグジュアリーモビリティをリードしていくことを目指しています」
この施設は完全に内部の建設を完了し、2021年にオープンする予定で、2階建て4,600平方メートル以上の広さだ。この中には、773平方メートルのオフィススペースと、-10℃から+40℃までの温度範囲で動作する温度制御シャーシダイナモメーターの設置用に設計された1550平方メートルの敷地が含まれている。

また、最新のポータブル排出ガス測定システムを使用して実走行排出ガス(RDE)を測定するための専用ラボも設置される。ベントレーの技術的適合部門は、このテストセンターを拠点とし、100人以上の従業員がこの建物で働くことになる。
このセンターにより、ベントレーは、パフォーマンスを重視したフライングスパー、コンチネンタルGT、新型ベンテイガなど、現在の超高級車シリーズに対する消費者の需要の増加に対応することができるようになる。初代ハイブリッドSUVの発売は、ベントレーの電動化への第一歩となった。

この施設は、世界で最も持続可能な高級自動車メーカーを目指すベントレーの旅において重要な役割を果たすことになり、ハイブリッドモデルや電気自動車モデルの多様化に伴って事業を成長させることができるようになる。この英国のメーカーは、2023年までにすべてのモデルにハイブリッドまたは電気モデルを提供することとしている。

これにより、ベントレーは最新のWLTP燃料および効率試験の手順をより迅速に社内で実施できるようになる。
環境への配慮は、生物多様性を促進し、より環境に優しいサイト環境を作ることを目的としたサステナビリティのアプローチに沿って、この新しい建物の中核をなしている。

2019年に敷地内に植えられた100本の樹木の一部として、オフィスビルの外に鎮座する10本のオークの木と、ピムズレーンの会社のメインエントランスへのアプローチに並ぶ15本の桜の木がある。さらに、カエデ、ブナ、クルミ、ライム、ニレの苗木を含む70本の木がレジェンズ社交施設の境界に沿って植えられている。
さらに、エンジニアリング試験施設の建設の一環として、ベントレーは、フラッグシップショールームのコンセプトであるCW1ハウスの隣接地に10本の果樹を安全に移植した。ベントレーの環境に対する意識の高さが伺える。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール