アレック イシゴニスのスタイルほぼそのままに、ミニ モークが復活

いえーい! イギリスの道路に初めてその姿を見せてから56年、アイコニックなミニ モークがアップデートされ、イギリスに戻ってきたよ。
そう、「モーク インターナショナル リミテッド」という会社が2015年に商標権を取得し、数年カリブ海の市場とその高級リゾートやホテルに販売を集中した後、今ではモークをホームに持ち帰ってきた。正直、ミニについて考えてしまったが、これからはミニに言及するのは止そう。
ご覧のように、モーク インターナショナルは、アレック イシゴニスのオリジナルのスタイリングをほとんど変更していない。唯一の違いは、シャシーとボディがわずかに大きくなったことくらい。
ボンネットの下には、新しい4気筒ガソリンインジェクションエンジンが搭載され、67hp、94Nmのトルクを発揮する。最高速度は?109km/hだよ。サスペンションとブレーキも改良され、マニュアルまたはオートマチックのギアボックスもオプションで選択できる。さらに、パワーステアリングとヒーター付きフロントガラスが標準装備されているとは、なんと贅沢なことだろう。
モークは、最終的な組み立てのためにフランスのチェリゼイに出荷される前に、ミッドランドでエンジニアリングを詰められるようだ。価格はオプションの前に20,000ポンド(270万円)からだが、最初の56台は限定版の「Moke 56」となる。14色のカラーから選択でき、クロームアップされたグリルとフロントガラスのレール、ユニオンジャックのバッジと重要なナンバー入りのプレートが付いている。

ネットのみんな、どう?次回の、満員のボーンマスのビーチへの旅行には最適だろうか、それともイギリスの海岸ではちょっと場違いな感じ?




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール