イギリスで300km/hオーバーを出した伝説の’スモーキー’永田に会いに行く

かつてイギリスで300km/hオーバーで走行して逮捕された、この惑星で一番高速を出せるチェーンスモーカー。
イギリスのアンダーグラウンド界隈では、伝説の人物で、いつかじっくりと話しを聞きたいと願っており、ついにその機会がやってきたのである。トップギアはすぐに日本に飛んだ。
あれから20年、その伝説の一部始終についてトップギアに明かしてくれた。

1998年11月4日の午前4時ごろ、ロンドンから北へ2時間ほど行った街を走るA1高速道路へ侵入した永田「スモーキー」和彦は、おもむろにクルマを止めた。
冷たい雨が降りしきり、温度計は0℃にほど近い値を示していた。彼はスロットルに足を固定し、クラッチを下ろすと、道のど真ん中でモンスター級のバーンアウトを始めた。夜明け前と曇天の闇に包まれたミッドランドに、白いタイヤの煙が満ちてゆく。その煙幕の中から現れたのは、金ピカボディに身を包んだトヨタ スープラだった。ゴリゴリの改造をほどこされ、最高出力は1,000馬力以上を目標としており、200mph(322km/h)超えを達成するためにわざわざ日本からやってきたのだった。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール