カッコ悪い、じつはポンコツも!スーパーカー ワースト10


03 ベクター M12 (1995)
某J・クラークソン氏に「世界で最も悪いクルマ」と評されたM12は、ディアブロを改造したもので、古生物のマストドンのような洗練されたデザインと、野外フェスのテントのような作りの良さを併せ持っていた。ただし、ランボルギーニから改造したのは、賢明で信頼性の高い選択のように思える。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2020/08/24008/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ