一瞬すぎてわかんないかも!?ランボルギーニ サーキット専用 ハイパーカーV12エンジンの実力

びゅん!!ってホント一瞬だけど、たしかにランボだった。この動画は、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセの新たなサーキット専用ハイパーカーエンジンのシェイクダウンのようす。
最高出力830hp、6.5L V12自然吸気エンジンは、チェントロ・スティーレとスクアドラ・コルセが手掛ける限定モデルに搭載される。ハイパーカーは、現在開発の最終段階に入り、2020年夏に世界初公開が予定されている。
スクアドラ・コルセのハイパーカーは、大型のリアウィング、ルーフのエアスクープ、デュアルエアインテークを
装備したレーシングフード等、通常の公道仕様車とは異なる特徴を多数備えている。アルミニウム製のフロントフレームとカーボンファイバーモノコックで最高の安全水準を実現しながら、革新的なセルフロック・ディファレンシャルでサーキットにおけるドライバビリティを向上させる設計となっている。
なお、シングルナットホイールにはピレリタイヤが装着されている。

いや、ホント一瞬なんで、見逃さないように…。

 




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューターのオススメ・テレワークに最適なパソコン特集