FCAグループの秘宝探検をするためミラフィオーリへ

ヘリテージ ハブの番人

自動車デザインの殿堂入りしている存在の、フィアット ムルティプラと新型フィアット 500のデザインの立案者である、ロベルト ジョリートは、自動車業界における偉人の一人だ。アイコニックなシルエットをスケッチしていないときには、このヘリテート ハブの責任者としてフィアットの遺産たちを守っている。太い縁のメガネに縮れた髪の毛。そしてその下にある恐ろしいほど明晰な頭脳。ロベルトは常に情熱をみなぎらせ、ハブに眠るすべてのクルマの歴史や特徴について、まるで歩く百科事典のようによどみなく語り続けるのだ。

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール