新車ニュースMERCEDES-BENZ

628万円でAMGのアジリティが手に入る メルセデスAMG A35 4MATIC

CLA 250 4MATICと上野金太郎CEO

CLA 250 4MATICと上野金太郎CEO




新しいAMGと、生まれ変わったCLA

代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏

代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏

営業企画部 商品企画2課の中山怜氏

営業企画部 商品企画2課の中山怜氏

マーケティング・コミュニケーション部 製品広報課の木下潤一氏

マーケティング・コミュニケーション部 製品広報課の木下潤一氏

メルセデス・ベンツから、新型車を2台、ご紹介しよう。まずは、メルセデスAMG A35 4MATICから。628万円からAMGが手に入るようになり、AMGのファン層がさらに拡大しそうだ。メルセデスAMG A35 4MATICは、306psに400Nmを発生させる2.0リッター直列4気筒ターボエンジンのM260が搭載された新モデルだ。ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステムカムトロニックを採用しAMGスピードシフトDCT 7速デュアルクラッチトランスミッションが組み合わされる。先代A45の720万円と比較しても、随分と手に入れやすい価格に感じられる。次期A45の方は420PSとパワーの差はあるが、A35はAMGのエントリーモデルとしては十二分なスペックを持っている。

AMGパフォーマンスパッケージとして、オプション装備となる、「AMG RIDECONTROLサスペンション」は、サスペンションを制御する3つのモードをドライバーが選択することができ、快適志向からスポーツ性を強調したものまで、それぞれ異なるセッティングとなる。システムは走行状況や路面の状態に応じて各ホイールに対する減衰力を100%自動で調整してくれるが、この調整は連続可変式となっており、減衰特性を広い範囲にわたって変化させ、走行快適性とアジリティを等しく高めることが可能になる。

メルセデスAMG A35メルセデスAMG A35

トルク可変配分四輪駆動AMG 4MATICは、トルクの前後配分を、ハンドリングに何が要求されているかに応じて連続可変制御される。このトルク配分比は、前後100:0から50:50までの範囲で変化する。

トルクの前後可変配分を行うのは、リアアクスルの伝達装置に内蔵された多板クラッチで、これは電気機械制御式であるが、トルク配分比に対する影響要因としては、車速、横方向および前後方向加速度、舵角に加え、各ホイール間の回転速度差、選択されているギア、アクセルポジションなどが挙げられる。

メルセデスAMG A35

AMG A35 Edition1

AMG A35 Edition1

電気機械式制御が電気油圧システムに対して持つ主なメリットとしては、トルク配分可変範囲全体にわたってディスクのレスポンスが速く、しかも動作が速度に依存しないことなどから、よりシャープなドライビングダイナミクスが得られることだ。

また、ESPに関しても、ONの場合は、4MATICシステムは「コンフォート」モードに固定されているが、ボタンを押して「ESP SPORT Handling」または「ESP OFF」を選択すると、すぐに4MATICが「スポーツ」モードに切り替わる。これによりアジリティを高めてくれる。

A35 4MATICには、コンフォートやスポーツなど5つのドライブモードが用意されており、センターコンソールのAMG DYNAMIC SELECTで様々な状況に最適な制御を選択することができる。

中には滑りやすい路面をコントロールできるスリッパリーや、完全にユーザーがコントロールをするインディビジュアルモードも付いている。

サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能な、AMGトラックペースも装備され、ドライビングスキルの分析や向上に役立てることができる。このA35は、走行性能を追求したいというAMGユーザーを、がっかりさせるようなことはないだろう。

またデニムブルーのボディカラーを身にまとった、発表記念特別仕様車A35 4MATIC Edition1もあり、こちらは743万円となっている。どちらも10月頃の納車予定だ。

もう一台は新しくなったCLAおよびCLAシューティングブレーク。こちらは472万円からそれぞれ2モデルずつ合計4モデルがラインナップされた。CLAの方は10月頃の納車でシューティングブレークは12月頃の納車予定だという。

CLA シューティングブレークCLA シューティングブレーク

このCLAはモジュラー フロントドライブ アーキテクチャー2(MFA2)に則って設計されている。元々は2012年のBクラスをはじめ、Aクラス、Cクラス、GLAなどのMFA1から、安全性、利便性、走行性能を高めさらに進化させたものとなっている。MFA2では、対話型で様々なコマンドが出せるMBUXが標準装備され、安全性と走行性能の向上が盛り込まれている。

CLA シューティングブレークCLA シューティングブレーク

Aクラス セダン

Aクラス セダン

2018年の10月に発表された新型Aクラスは、このMBUXを初搭載したものだが売れ行きは好調で、これまでに8000台以上が販売されているという。国産、輸入車問わず、他メーカーからこのAクラスに流れてきた人もいるということで、今後も恐るべき存在となるだろう。そして2019年の6月にはBクラスが発表され、こちらは十分なスペースユーティリティを持ち、アクティブな層に好評を得ているという。7月にはAクラスのセダンが発表され、安全性能の高いコンパクトセダンの新たな形を切り開いた。CLAは、そのデザイン性の高さから、スタイリッシュなユーザー層に評判がよく、日本でもこれまで4万台以上を販売してきたベストセラーモデルだ。ルックスはCLSによく似た雰囲気を持っていると思うので、CLSだと少し大きすぎるという人にはとてもしっくり来る一台なのではないだろうか。

このCLAでも、メルセデスベンツのクーペモデルに特徴的なサッシュレスウィンドウが採用され、CD値は0.23を達成し空力性能も抜群だ。

日本で撮影されたCLAのビジュアル

日本で撮影されたCLAのビジュアル

今回は150PSを発揮する2.0リッター直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンと224PSを発揮する2.0リッター直列4気筒ターボエンジンの2種類のエンジンが用意されている。

また、このCLAのグローバルな広告ビジュアルは、日本で撮影されたとのことで、この動画はWebを中心に展開されていくというので、こちらも楽しみなところである。














注目記事




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/news/19298/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*







マウスコンピューター/G-Tune

subscribe RSS