アメリカで日産 R35 GT-Rのミッドナイトパープルとベイサイドブルーの特別仕様車2台

アメリカ人はラッキー:アメリカでは日産GT-Rの輝かしい特別仕様車が2台が販売の準備中。R35はヨーロッパでは死んだかもしれないが、海の向こう米国ではまだ健在だ。ミッドナイトパープルとベイサイドブルーの2色が登場。

やっぱ、日産 GT-Rが恋しくてたまらない。2022年にヨーロッパでR35の命が絶たれ、日産は電気自動車のハイパー フォースで盛り上げようとしている。だが、私たちはただ、あの古いVR38DETTエンジンに戻ってきてほしいだけなのだ。

そして今、日産はその望みをさらに大きくし、米国市場だけのために2つの素晴らしい特別仕様車を用意した。ブー。

ひとつはスカイライン エディション。2024年型GT-Rプレミアムをベースに、象徴的なベイサイドブルー塗装で仕上げられ、それにマッチしたかなり素敵なソラブルー内装が施されている。ベイサイドブルーはR34の後に引退し、2019年の50周年記念モデルのR35のために短期間だけ復活した。

2台目は、T-Specトリムをベースとし、現行GT-Rの3.8リッター、ツインターボエンジンを組み上げた匠の技を称える匠エディション。ミッドナイトパープルの美しいペイントが施され、ゴールドにペイントされた20インチのRAYS製鍛造ホイールが組み合わされている。

私たちはモリグリーンのインテリアも気に入っている。また、赤いエンジンバッジは、VR38DETTが生産工程で特別な扱いを受けていることを意味しているらしい。日産によれば、「組み立て時の正確なエンジン公差と部品バランスへの高度な配慮」が含まれているという。

これらのエディションがそれぞれいくらになるかは今年の後半までわからないが、今年の夏には「非常に限られた台数」が米国の日産ディーラーに到着し始めると聞いている。私たちは、あなたが「ゴジラ」と言うよりも早く、自分の名前を出していることだろう。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「悪気はないんだけど、そろそろ僕らアメリカ人は、君たちヨーロッパ人にはないクールなものを手に入れてもいい頃だよ。それが普通の人の手の届くところにあればいいんだけど。ヨーロッパのみなさんは、ゴルフ Rのワゴンを楽しんでほしい」
「日産 GT-Rは常に、日産を米国で有名にするためのハロー商品だった。今、彼らは米国で確固たる足場を築いている。日産ピックアップトラックでさえも。日産GT-Rは利益ゼロで販売され、ほとんどが米国市場向けだった。ヨーロッパでは存在しなかったと思う。他の車種との深刻な競争に直面することになるからだ」
「この紫はひどく緑色で、紫色のヒントは全くない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/03/68676/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ