史上最速のテスラ ロードスター、ジェット機スタイルのヨークステアリングと「ロケット的なもの」を採用か

イーロン マスク最新情報:テスラ ロードスター、ジェット機スタイルのヨークステアリングと「ロケット的なもの」を採用か?あなたの近くのディーラーに*飛ぶ*の?

発表が待たれているテスラ ロードスターは、これまでに製造された市販車の中で最速の加速を実現するという。イーロン マスクは先月、6年以上前に発表されたこの待望の電気ハイパーカーは、0-97km/h加速が1秒未満になると主張した。このことは、ご存知だろう。

しかし、知らなかったことは、新型テスラ ロードスターが、宇宙への打ち上げに使われるような技術を搭載するということ。なぜなら、マスクのテスラとスペース X社のコラボレーションだから。後者は宇宙船を建造することで有名だ。

米国のジャーナリスト、ドン レモンに対してマスクはこう語った:「ロケット的なものを期待してください」空飛ぶクルマですか、とレモンは尋ねた。すると、「たぶん」とマスクは答えた。

「可能性はゼロではないです。実現したら、本当にクールなものになるでしょう。ロケット技術が搭載される予定です。サイバートラックよりクールなものを作る唯一の方法は、スペース Xとテスラの技術を組み合わせて、車ですらないものを作ることです」と彼は付け加えた。

さらに彼は、加速は「最もエキサイティングな点でもない」とし、「航空機や現代のジェット機が制御されているような」ドライブバイワイヤ式のヨークステアリングが採用されると付け加えた。

大きなウイングは「道路では扱いにくいので」なく、プロペラもない、とマスクはレモンの質問に答えた。「ロードスターのようなものは誰も作らないと思う」と彼は言った。

テスラ自身は2025年に新型ロードスターの製造を開始する(らしい)。そろそろ飛行レッスンを予約する頃なのだろうか?

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「こういうの、昔は本当にワクワクしていたのを覚えている」
↑「同意。EVはこのような指標の楽しみを奪った」
「この車の開発に携わるエンジニアは大変だろうな。新しい車を作ろうとしているのに、トップのバカが守れないとわかっているおかしな約束をしているんだからさ」
「仮に0-97km/hが1秒を切ることが可能だとしても、それは極めて不快な経験だろう。しかし、コルベットが2.6と言うように、実際のカージャーナリストが機材を持ち込んでテストした場合、現実は3.6-3.8というのが普通だ。だから、マスクが1秒未満と言うときは、2.2秒ということなのだろう」
↑「平均的な体格のアメリカ人を運転席に座らせると、そうなるのか」
「テスラがこのクレイジーな車を作るのに一体どれだけの時間がかかるんだ?リマックは電気自動車のハイパーカーを実際に製造しているのに、テスラは何年も前から約束していたものすら製造できない。恥ずかしい。モデルYやサイバートラックの製造に忙しすぎて、ハイパーカーになるはずのこれは、見ているだけでワクワクしない」
「"ロードスターのようなものは誰も作らないと思う"
…でしょうね。
1秒以下で0-97km/hは、4輪で現代的なタイヤを履いた合法的な乗用車では不可能だ。
どんなにパワーがあってもトラクションがないのだから。駆動輪を増やすとか?ロケットって…どうすれば合法になるのかわらないが」
↑「彼が「飛ぶかもしれない」と言っているのは、実際の製品はおろか、まだ漠然とした設計の範囲さえ持っていないことを示している」
↑「圧縮空気スラスターが計画されていたと読んだ気がする」
↑「彼は圧縮ガスを使って0-97加速をアシストするつもりだというレポートを読んだ。電気と空気のハイブリッドカーか。再現性はどうなんだろう。また、その後ろに乗りたいとは思わない。
他のことと同じように、今はBSのヘッドラインゲームだ。情けない」
「1秒以下の加速は、より良いドライビング体験やより楽しい体験にはつながらない。時には、少ない方が本当に良いこともあるのだ」
「これはおそらく、脳に配線されたチップを介したドライブ・バイ・マインドだろう。

ショールームに行くと、「ブルートゥースで接続」できるように脳に配線をスポット溶接するために頭に穴を開ける「手術」に5分かけなければならない。

そして、側頭部の皮下に挿入されたバッテリーパックにフィットする特注の野球帽をかぶせられ、送り出される。今までの帽子はもう入らない。

この帽子のことを考えるだけで、運転体験についてXでつぶやくことができるようになる」
「ロケットカー、空飛ぶ車、電気自動車…。そのどれもが、五感を楽しませ、3分で満タンにし、また同じことを繰り返すことができる、本当に楽しいスポーツカーではないだろう。
私たちは本当に前進しているのだろうか?私の意見はお分かりだろう」
「私はあの男の口から出るものは何も信じない。実際に何かが作られるまでは、それはすべて熱い空気と蒸気のようなものだ。市販車史上最速の加速?ああ、そうかもね」
「スペースXとテスラの技術を組み合わせる?だから、サスペンションが崩壊し、炎上し、そして爆発する。計画のように聞こえるけどさ」
「フェイクニュースだろ、これ」
「のクルマが実際にどれほどの速さを主張しているのか、考えてみる価値はあるだろう。現代のシビック タイプ Rは、史上最速というわけではないが、物事の大枠ではかなり快速なクルマであることは多くの人が認めるところだろう。これはその5倍の速さだ。比較の観点からは、CTRが無改造のモーリス マイナーに匹敵するように、この指標ではCTRに匹敵すると言われている。

イーロン マスクには、公平を期すために言っておくと、物事を実現させる習慣がある。しかし、彼は牛の排泄物を媒体とするテートモダン級のスペシャリストでもある。私の考えでは、7桁をはるかに超える金額を支払っても、公道では決して走らないというのであれば、このようなことができる特定のバージョンのクルマが登場するだろう。そうなると、わずか5%の人が買えるクルマは、1秒台後半か2秒台前半で97km/hを出すようになるだろう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/03/68577/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ