トヨタのGRが新アニメシリーズ、GRIPで「退屈な」自動運転車と戦う

トヨタのGRが新アニメシリーズ、GRIPで自動運転車と戦う。ディストピアの未来?チェック済み。「退屈な」自律走行車?チェック済み。アニメの大バトル?大きくチェック済み。私たちが知っていることは以下の通り。

トヨタ USAは新しいアニメシリーズ、GRIPを発表した。このアニメでは、同社のパフォーマンスカー、GRシリーズが、悪役の自動運転車と人類を賭けた戦いを繰り広げる。水曜日の朝のお決まりネタだ。

このアニメは次世代のクルマ好きをターゲットにしており、主人公のジェイ カンが世界を征服し、ドライブの楽しみのかけらでもなくそうとしている自動運転車の軍団と対決する。「ゲーム・オブ・スローンズ」の「死者の軍団」と同じようなものだと考えてほしい。

おそらくカンは、急ぎ足でスモークを上げながら数台のトヨタ車を走らせ、彼らを打ち負かすだろう。

トップギアの取材に対し、北米トヨタ・マーケティング担当ゼネラルマネージャーのティモシー ブリスは次のように語っている:「ワイルド・スピードシリーズは、車両がショーの主役のように扱われている最高の例でしょう。我々はGRIPでも同じような道を辿りたいと考えました」

ブリスはさらに、トヨタの歴史的な車の1台または2台が新しいシリーズに登場するかもしれないと述べた。歴史が"焼き込まれた"シリーズというわけである。トップギアは、2000GTやセリカ GT-Fourが現在のGRの補助として登場する可能性には大賛成だ。

そして、そういう存在は必要だ。自動運転車は未来の「退屈な」車として描かれているため、補助が必要になるだろうから。つまり、クルママニアにとって最悪の夢なのだ。

GRIPの5つのエピソードのうちの最初のエピソードがすでに公開され、その後、毎週こちらで紹介される予定だ。プロットについてあまり明白なことは何も明かされなかったが、クルマ好きにとってもアニメファンにとっても心強い兆候がいくつかある。1話目は、GRカローラを助けるGRスープラがとにかくかっこいい。頭文字Dはずいぶん前にベンチマークを打ち立てたが、GRはそれを上回ることができるだろうか?

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「トヨタがこのようなことをするのはかなりクールだと言わざるを得ない。シリーズが始まるのが待ち遠しい!」
「クールなアイデア。トヨタのCMみたいにならないことを祈るよ」
「面白い話だ。しかし、これが単なる「トヨタの話」を超えていたら、もっと魅力的だっただろう。ホンダもタイプ Sを主人公にしたワンメイクアニメを作ったと思うが、あれもあまり人気があったとは言えない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/03/68364/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ