警告:この記事にはマンソリーによってカスタマイズされたBMW XMの画像が含まれています

警告:この記事にはマンソリーのBMW XMが含まれています。マンソリーは、間違いなく世界で最も醜い車を手にかけた。あとは、ご自身で判断してほしい。勇気があるなら…

ここまでたどり着いたなら、おめでとう:あなたの好奇心は恐怖心に打ち勝った。というのも、このクルマは世界で最も物議を醸しているチューナーがカスタマイズを手掛けた、最も醜いクルマ(誰もが同意してくれるだろうか?)のひとつなのだ。

そう、BMWの最も熱い顧客でさえ敬遠するほど不快なこのクルマは、ドイツのマンソリー本社で、XMの人生の次の章を書き上げられたのだ。

その結果は…予想通りだ。メガトン級のエアロパッケージと鍛造ホイールを受けたボディワークの素材は、金曜日の午後4時59分に「高級キッチン調理台 サーフェス」でググった人の仕事のように見える。

マンソリーは、ゴールドのトリムを廃止することで、少なくともXMの巨大な鼻の穴から注意を逸らしたのは評価すべき点;BMWは、よりパワフルなレーベル レッド エディションのためにそれを拒否したのだから。

珍しいことに、これ以上の詳細情報はないんだ。マンソリーによれば、顧客は自分だけの特注インテリアデザインをリクエストできるという。

おそらく、とてもとてもダークにされた窓が標準装備され、こんなひどいデザインのものを購入したのは誰なのか、他のドライバーにわからないようになっているのだろう…。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058





=海外の反応=
「通勤中にデスメタル聴いてる人が楽しくなりそう」
「ぶっちゃけ、本家BMWのXMよりもこれには意外と納得している。視力がよくないか、センスがないって人なら、まあMansoryにたくさんのカーボンを貼ってもらって全力疾走するのもいいだろう」
「まるで現実のクルマのレゴバージョンのようだ。誰がこれらの忌まわしいものを買うのだろう?」
↑「僕の4歳の子どもは、これが本物のクルマだと信じてくれず、遊ぶためのおもちゃに違いないと言い張っていた」
「Mansoryがクルマを改良した珍しいケースの一つ。まさに醜悪ではあるが、それが悪い意味で面白くなっている。オリジナルのXMが「Disaster Movie」のようなひどいパロディ映画なら、Mansoryバージョンは「Plan 9 From Outer Space」のようなもの。彼らが実際に試していた事実が、それをより面白くしている」
「正直な話、露出したカーボン以外にはあまり違いが見えないわ」
「ハハハハハハハハハハハ。単にMansoryが好き」
「まるでレゴのクルマのように見える。またはLM002が定規で乱れて、誰かが3Dプリンターで少し酔っ払った結果だろう」
「ここでの良いニュースは、Masonryが関与しても元のiMをより醜くすることはできないことだ」
「レゴモデルバージョンのように見える」
「 これを運転している人を想像できる?」
「XMがもっと醜くなることは可能だとは思わなかった、よくやったMansory」
「ゴージャス」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/01/66467/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ