新型ポルシェ タイカンがテスラのニュルブルクリンクEVラップタイムを更新、リマックにわずかに及ばず

新型ポルシェ タイカンがテスラのニュルブルクリンクEVラップタイムを更新、リマックにわずかに及ばず。ハイパーカー並みのラップタイムを記録した新型タイカンだった。

本当に速いドイツ車が、本当に怖いドイツのレース場を本当に速く走った。2024年へようこそ!さぁ、果敢に水の中に飛び込んでみよう。

ポルシェがニュルブルクリンクで7分07秒55という驚異的なタイムを記録し、自社のベンチマークだけでなく、ライバルであるテスラのベンチマークも上回ったのだ。

ポルシェとテスラによるEVラップタイムのピンポンバトルを知らない人のために簡単に説明すると、新型タイカンのラップタイムは、1,914psのクアッドモーターを搭載した本格的な電動ハイパーカーより2秒遅いだけで、ニュルブルクリンクで最も速いEVと2秒しか違わないということだ。

その本格的な電動ハイパーカーとは、リマック ネヴェーラ。こちらは7分05秒298のEVラップレコードを保持しており、タイカンのドライバーを務めたラース カーンの最新の努力がとてつもないものだったことを物語っている。2022年に発表されたタイカン ターボ S スポーツよりも26秒速く、2023年に発表されたテスラ モデル S プラッドよりも18秒速いのだから。

新型タイカンは、2022年8月に旧型タイカンが達成したタイムよりも0.8マイル(1.3km)早くゴールラインを通過した。なんてこった。

「モータースポーツにおいて、26秒は半永久的な時間だとも言えます」とタイカンのモデルラインのボスであるケビン ギークは語った。「ラースのノルドシュライフェでのラップタイム7m07.55秒はセンセーショナルなもので、タイカンを電動ハイパーカーと同じレベルに押し上げました」

「そして印象的なのは、数周にわたってラースがほとんど同じタイムを記録したことなのです」とギークは付け加えた。

可哀想に、きっと、疲れたんだろうね。「できる限りプッシュしたけど、それが精一杯だったよ」とポルシェのエキスパートは語った。新型タイカンは、ロールケージとバケットシートのみを装着し、このコースを独占した。

a)テスラが反撃し、b)ポルシェがネヴェーラに勝つためにあと2秒を差が出るのはいつになるだろうか?

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058





=海外の反応=
「これは次世代タイカンなのか、フェイスリフトなのか、それとも現行車のGTバージョンなのか。918を除けば、GTバッジの付いていないどのポルシェよりも速いラップタイムを記録していることから、確かにGTの名にふさわしいと思われる。

このラップタイムを見ると、次期電動ボクスター/ケイマンがどのような位置づけになるのか、さらに興味が湧いてくる。当初の設計概要は、911に恥をかかせることなく、より肥大化した4人乗りのテイカンや現行型ガソリンのケイマンを凌駕することだったと思うが、その目標は急速に狭まっている」
↑「VWのIDRの6分5秒を基準にすると、現在の技術の上限はリングを6分台前半で回れるところだと分かっている。おそらく電気自動車911は、6分45秒のNIO ep9と同じようなラップタイムを達成するだろう」
↑「ID.Rは可変バッテリーを搭載するように設計されており、特定のイベントに必要な分だけバッテリーを積んでいた。そのため、タイカンがどれほどのバッテリーを搭載していたのか気になるところだ。

ニオはサーキット専用という変わり種だ。6分45秒というタイムはスリックタイヤでのもので、ロードタイヤではネヴェラに匹敵する7分05秒を記録したと思う。現在の技術の限界については、マクマートリーの走りを見てから判断したい」
↑「ポルシェが苦手とすること、それは意図的に車を遅くすることだ。彼らはそれを避けることができない」
「この一進一退が、とんでもない高みまで続くことを願っている。この業界は、各社がお互いをプッシュし合うことで、いつもよりエキサイティングになる」
「自動車メーカーはいつになったら時速30-50-70-90-120kmに最適化された車を設計するのだろうか?

自動車ジャーナリストやYouTubeのインフルエンサーが最終決定権を持っているようだ。その結果、私たちは、違法で危険なことを道路上で行うために不必要に過剰に設計されたファミリーカーを手に入れることになる。電気自動車が有害なカーカルチャーの伝統を引き継いでいるのは残念なことだ」
↑「EVは当然速い。電気モーターにはタイムラグがないのだから。3やYのような普通のEVは、安全で快適なファミリーカーであり、プリウスの半分の燃料費で、プリウスの半分の二酸化炭素排出量、そしてほとんどのV8より少し速い加速、0-60 MPHで4秒台半ば対5秒台半ばを実現している。0-60マイル/hで4秒台半ば対5秒台半ばと、ほとんどのV8より少し速い。その性能は望めば得られるが、スーパーハイウェイに合流するのに必要な以上のものなので、ほとんどの人は軽い足取りで運転する。

ポルシェはレースカーであり、それがブランドの存在理由だ。レーシングカーに乗っているところを見られたいから買うのだ。テスラのプラッドはマッスルカーであり、ダッジ・ヘルキャットと競合する。レース記録を塗り替えることで、あのようなクルマが売れるのだ。しかし、どちらのクルマも高速道路を走れば、経済的で環境に優しいクルマであることに変わりはない」
↑「EVが速いのは、モーターが大きなトルクを持つように作られているからであり、バッテリーが大きなパワーを供給できるように作られているからだ。
EVが速いのは、モーターが大きなトルクを持つように作られているからであり、バッテリーが大きなパワーを供給できるように作られているからだ。
その上、速いクルマはパワートレインだけでなく、ブレーキやサスペンションなど、あらゆるものがその力に対応する必要があるため、より多くのコストや重量などが必要となる」
↑「スペックシートを見てみよう…。1000馬力、1000Nm、400km/h、6モーター、2トン…。子供を学校に連れて行き、時速25kmでオフィスに行くためのものとして必要?」
「ポルシェはより少ないものでより多くのことができる。パフォーマンス・パッケージは間違いなく、より多くのエアロ、より粘りのあるタイヤ、そしておそらくより大きなパワーを備えている。しかし、それでも4ドアセダンであり、贅沢で実用的で、純血のスーパーカーが誇れるラップタイムを記録している」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/01/66319/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ