FIA WEC 2023 第6戦 富士6時間レースに向けたプジョー 9X8やGR010 HYBRIDの展示イベント

「2023 FIA 世界耐久選手権」の第6戦「富士6時間耐久レース」に向けて、9月2日(土)および3日(日)、東京ミッドタウン アトリウムにてポップアップイベントが開催される。

「2023 FIA 世界耐久選手権」の第6戦「富士6時間耐久レース」に向けて、9月2日(土)および3日(日)、東京ミッドタウン アトリウムにてポップアップイベントを開催する。

9月8日(金)-10日(日)の3日間、富士スピードウェイにて開催されるFIA WEC 2023 第6戦 富士6時間レースには、TOYOTA GAZOO Racing、プジョー トタルエナジーズ含む、30チーム36台が参戦する。富士スピードウェイレーシングコースは、全長4,563m、コーナー数16、世界でも有数の全長約1.5kmのホームストレートが最大の特長だ。

東京ミッドタウン アトリウムにおけるポップアップイベントでは、TGRおよびプジョーのレースマシンの展示や、プジョー最新モデルの試乗会を開催するほか、限定グッズ付きのチケット販売も行う。

【ポップアップ概要】
開催日時:9月2日(土)、3日(日) 11:00~19:00
会場:東京ミッドタウン アトリウム(東京都港区赤坂9-7-1)
展示車両:PEUGEOT 9X8、408 GT HYBRID
TOYOTA GAZOO Racing GR010 HYBRID
※9/3(日)13時~TGRドライバーズアピアランス(予定)
試乗車両: PEUGEOT 408 GT HYBRID、408 GT
特設サイト:https://web.peugeot.co.jp/cpn/wec-fuji/

PEUGEOT 9X8(ナイン エックス エイト):
1992年と93年のル・マン24時間で2年連続優勝したPEUGEOT 905や、2011年に同レースで優勝したPEUGEOT 908の系譜を継ぐ最新のハイパーカー。数字の”9”は歴代のレースカーから、”8”は208や2008、308などプジョーの最新ラインアップに使用されている末尾の数字で、“X”はプジョーの四輪駆動技術とハイブリッド・パワートレインを意味している。
特筆すべきは、今までのレーシングカーでは当たり前だったリアウイングを廃した斬新なデザイン。プジョースポールとプジョーのデザインチームは幾度となくシミュレーションを重ね、リアウイング無しでも理想的なエアロダイナミクスを手に入れることに成功した。プジョーらしさを追求した9X8のデザインは、躍動するライオンがモチーフ。フロントとリアのライティングシグネチャーはプジョーのアイデンティティとも言える3本のかぎ爪デザインが採用されている。
https://web.peugeot.co.jp/cpn/wec-fuji/

TOYOTA GAZOO Racing GR010 HYBRID:
21年から始まったWEC(世界耐久選手権)最高峰のハイパーカークラスに参戦させている車両で、3.5リッターV型6気筒直噴ターボ過給エンジンで後輪を駆動、リチウムイオン電池で作動し200kW(272PS)を発揮する電気モーターで前輪を駆動する4輪駆動のレース車両だ。
開設1年目のハイパーカークラスには7号車、8号車の計2台が参戦し、シリーズ全戦で優勝、ル・マン24時間レース4連覇、3シーズン連続シリーズチャンピオン獲得。2年目の昨年も、ル・マンでは1-2フィニッシュで5連覇を飾り、シリーズでも4シーズン連続でマニュファクチャラーとドライバーの両タイトルを獲得した。
3年目の今年は、GR010 HYBRID の名称は変わらないものの、操作性と空力安定性向上を目的とした改良を施し、ル・マン24時間以外の4レースで優勝、ル・マンもフェラーリに次ぐ2位に入り、マニュファクチャラー&ドライバーの両選手権をリードしている。
https://toyotagazooracing.com/jp/wec/special/2023/wec-fuji/

富士6時間耐久レース:
今年で11回目の開催となるWEC富士は、TOYOTA Gazoo Racingやプジョー トタルエナジーズに加えて、フェラーリ・ポルシェ・キャデラックなどの新たなマニュファクチャラーが参戦、富士でどのようなレースが繰り広げられるのか注目だ。
また、レース観戦と合わせて、フランスの食や 文化をテーマとした「Le Village Bonjour France Supported by Perrier」や、アウトドアを楽しむことができる「CHILL OUT BASE」、サーキット上空をまわる「スカイクルーズ」、お子様向けのストライダーといった様々な楽しみ方を用意している。
https://fiawec-fuji.com/

プジョー スポール エンジニアードのロードカーは、508で最後になるかも

プジョー 408試乗:魅力的なクロスオーバーだが、パワートレインの選択に悩む

9X8 ル マンハイパーカーっぽい新型プジョー 2008とe-2008、ハッと驚くような変化はないけど



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/63293/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ