ボルボが中国向けに高級ミニバンを開発中 イギリスにサルーンとエステートの廃止宣告されたからMPVも手に入りそうにないな

ボルボが中国向けに高級ピープルキャリアを開発中。ボルボはイギリス人にサルーンとエステートを否定してきたが、MPVも手に入りそうにない。

ビッグニュース!ボルボは、同社初のMPVを近日発売すると発表した。

EM90と呼ばれるこのEVは、「移動中のスカンジナビアのリビングルームのような」感覚を味わえるようデザインされた「完全電動プレミアムMPV」であると説明されている。車輪のついたIKEAのような感じ?たぶんね。

しかし待ってほしい。ボルボはすでに英国向けのサルーンとエステートをすべて廃止すると発表している。だから、英国へのMPVの導入は無理だろう。

ボルボの広報担当者は、「当初、このモデルは中国本土でのみ販売される予定です。現在のところ、英国でこの車を提供する計画はありません」

残念。EM90は、同じ吉利の製品であるZeekr 009をベースにするようだ。Zeekr 009は、140kWhの巨大なバッテリーから822kmの航続距離と、ツインモーター、全輪駆動パワートレインから536bhpという、はっきり言ってアタオカなパワーを謳う。スカンジバリエーションでは、グリルが少し小さくなり、古典的なトールのハンマーのライティングが採用される。

今のところ分かっているのはこれだけだが、完全な公開は11月に予定されており、中国の顧客向けには同日から予約注文が開始される。

安堵:英国でボルボのステーションワゴンやセダンのパトカーは存続するって

ボルボUK:「英国ではセダンとステーションワゴンやめて、SUVだけにするわ」

新型EX30が登場したボルボ、電動化された未来もステーションワゴンを作り続ける期待




=海外の反応=
「有名なスウェーデン料理、卵チャーハン!そして、ディーゼルバンよりも地球に悪い」
「正直なところ、アジア市場には高級車に適したプラットフォームがある。バンには、大きな快適な椅子やその他のアメニティを置くスペースがある。バンは、大型の快適な椅子やその他のアメニティを置くためのスペースがはるかに広いのだ。残念なことに、UKやヨーロッパのマーケティングは、ミニバンは生きるために何の主張も持っていない人々のためのものだと人々に信じ込ませてしまっている」
「速報としては、中国企業が中国本国向けの車を作っているということか」
「期待しないでくれ、英国でこれを見ることはあり得ない。イギリス人がボルボのサルーンやエステートを買わないなら、MPVを買うわけがない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/63237/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ