マセラティが720psのサーキット専用スーパーカー、MCXtrema(エムシーエクストレーマ)はMC20とどこが違う?

マセラティ、最高出力720bhpのサーキット専用スーパーカーMCXtremaを発表。MC20、エアロ仕様の新ボディと新型ターボで究極のサーキット走行を実現。

MC20、MC20チェロ、そしてMC20ベースのGT2レーシングカーに満足することなく、マセラティはV6エンジンを搭載したスーパーカーの新たな試みを発表した。

以前はプロジェクト24として知られていたMCXtrema(エムシーエクストレーマ)は、まさにその名の通り、マセラティがMC20の骨格を利用して考え出した最も過激なもので、62台が製造される予定だが、サーキットでのみ使用される。

その理由は、ボディワークを見ればわかるだろう?フロントには細いライトとアグレッシブなフロントエンドがあり、バックにはウイングとフィンがある。私たちは、MCXtremaが、ロードゴーイングであるMC20と違って見えるところが気に入っている。

走りもかなり違うはずだ。3.0リッター、ネットゥーノV6に新しいターボ、新しいインテーク、異なるエキゾーストシステムが採用され、合計730psを発揮するというからだ。

すべてのパワーは6速シーケンシャルギアボックスとリミテッドスリップデフを介して後輪に送られ、MCXtremaの車重はカーボンファイバーを多用し、レース仕様のコックピットには標準で1つのシートしかないため、約1,300kgしかない。

GT2レースカーと比べても、ダウンフォースがより多いように見える。ターボファンホイールはブレーキの冷却に役立つ。ウイングは、サーキットによってダウンフォースをさらに増やしたい場合に備えて手動で調整可能で、4ウェイ手動調整式ダンパーもいじることができる。

他にわかっていることは?マセラティは、各顧客がその喜びのために支払う金額については明らかにしていないが、62台それぞれが完全にユニークな仕様となる。ただし、700万ドル(10億円)以上であることを漏らしている。おおっと。でも、あまり気にする必要はないんだ。その理由はもちろん、すでに完売しているからね…。

ピレリ SCORPION MSはマセラティ グレカーレ フォルゴーレなど電動SUVにフォーカスしたオールシーズンタイヤ

新型マセラティ グラントゥーリズモが日本で発表、EVのフォルゴーレはいつ導入?

マセラティがV8エンジンを年内で生産終了で既存車両がコレクターズアイテム化




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/63017/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ