ピレリ SCORPION MSはマセラティ グレカーレ フォルゴーレなど電動SUVにフォーカスしたオールシーズンタイヤ

ピレリは、新Scorpion MS を発表した。このタイヤは最新世代の SUV 用として開発された高性能オールシーズンタイヤだ。マセラティ グレカーレ フォルゴーレなど4分の3が電動SUV用だ。

ピレリは、新 Scorpion MS を発表した。このタイヤは最新世代の SUV 用として開発された高性能オールシーズンタイヤだ。Scorpion Verde All Season と Scorpion Zero All Season の後継となるこの新製品は、ピレリのエコ・セーフティ・デザイン哲学に基づき、最高水準の安全性と環境負荷の低減を両立させている。その結果、ウェットコンディションでもドライコンディションでも優れたグリップを発揮し、従来モデルよりも転がり抵抗が低減している。ピレリ Scorpion MS は、各国の需要に対応するため、特にアジア市場で要求される快適性に加え、アメリカ市場で好まれるロングライフを実現している。SUV 用ということで、軽いオフロード走行や雪道走行も想定して設計されている。

最新のプレミアム SUV やプレステージ SUV 装着用として誕生した Scorpion MS には、自動車メーカーからの要望に応じてモデルごとにピレリの主要なスペシャリティ技術が搭載され、とりわけ、電気自動車やプラグイン・ハイブリッド車向けの Elect テクノロジーが採用されている。Scorpion MS の OE 共同開発プロジェクトのうち、75%が Elect テクノロジーを採用している。その一例が、イタリアの自動車メーカー初の完全電気自動車 SUV であるマセラティ グレカーレ フォルゴーレで、ピレリは新たに 2 種類の Scorpion MS を開発した:フロント/リア 255/50 R19、フロント 255/45 R20、リア 295/40 R20(いずれも Elect マーキング付き)。この新しいタイヤは、Scorpion シリーズがいかに電動モビリティに適しているかを示すもので、Scorpion の全シリーズの 30%以上が Elect マークを採用している。Scorpion MS のさまざまなバージョンに搭載されているその他のテクノロジーには、パンク防止システムのシールインサイド、タイヤの空気圧がゼロでも走り続けられるランフラット、走行中のキャビンノイズを低減する PNCS(ピレリ・ノイズ・キャンセリング・システム)などがある。将来的には、自動車メーカーの要望に応じて、新型 P Zero E でデビューしたばかりのピレリ RunForwardも搭載される可能性がある。この新技術は、パンクしても走行を継続できるようにするもので、バッテリーがあるためにスペアホイールが付属しないことが多い電気自動車では、ますます重要な機能となっている。

新しい Scorpion MS は、季節によってタイヤを交換する必要がなく、一年中使用できるように設計されている。この目標を達成するため、ピレリの研究開発部門はコンパウンドとトレッドパターンの設計に取り組んだ。パートナーの要求を満たすためにポリマーと特殊樹脂の新配合により、グリップ性能とウェット&ドライブレーキング性能を向上させ、サイプは雪上性能を最適化するよう設計されている。Scorpion MS のもうひとつの優先事項は、静粛性と快適性であり、Scorpion Verde All Season に比べて 25%騒音が低減している。これは、カスタマイズされたピッチ配列、特殊な間隔と傾斜のメイングルーブ、そしてシングルプライ・カーカスによるもの。このカーカスは軽量かつ強靭で、路面からのあらゆる要求を吸収し、ドライビングをより快適なものにすると同時に、ステアリングの精度を向上させている。転がり抵抗は、コンパウンドとトレッドパターンの最適化により、低く抑えられている。加えて、タイヤが横方向や縦方向の力を受けても、接地面の変形は一定に保たれているため、タイヤの寿命を通して均一な摩耗を保つことに貢献している。

ピレリの SUV 専用タイヤシリーズに、新しい Scorpion MS が加わった。ピレリの Scorpion シリーズは、すべて従来の車とは異なるような重量とドライビング・ダイナミクスに対応するよう設計されており、あらゆる天候に対応するバリエーションが用意されている。最近登場したのは、Scorpion (夏用)、Scorpion Winter 2、Scorpion All Season SF2 だ。新型 Scorpion MS のアフターマーケットバージョンは、純正装着バージョンに続き、2024 年から APAC 地域に導入される。Scorpion の他のタイヤは、主にヨーロッパ市場をターゲットとしている。

ピレリがグッドウッドでP Zero ファミリーの新製品3つを発表

ピレリ P Zero Trofeo RSをパガーニ ユートピアに装着してサーキットでテスト

ピレリのPOWERGY™をスバル WRX STIに履かせたらヒットだった




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/63006/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ