マセラティの新型グランカブリオが一瞬、カモフラなしで見えた

マセラティ グラントゥーリズモのドロップトップ、新型グランカブリオを目撃。

では、これは何でしょう?というのはもちろん修辞的な質問で、昨年10月にこのドロップトップを垣間見て以来、初めて写真に収められた新型マセラティ グランカブリオであることは明らかだ。

ただ今のグランカブリオはカモフラージュをやめ、代わりに葉っぱで控えめさを守っているようだ。それでも、フロントエンドとリアエンドのデザインはグラントゥーリズモとほぼ同じであることがわかる。

マセラティ側では、カブリオレバージョンにどのようなパワートレインが採用されるかを確認していない。上のクルマにはエグゾーストが搭載されているが(したがって、おそらくGTの3.0リッターV6)、いずれ電気自動車のフォルゴーレバージョンも登場することは、あなたの家、貯蓄、貴重な家宝を賭けてもいい。

その場合、完成車からは483bhpから750bhpのパワーが期待できる。トスカーナへの旅で髪を振り乱すには十分すぎるほどだ。

マセラティ グランカブリオのフルモデルチェンジは、2024年初頭のグローバルローンチに先駆け、数カ月後に(邪魔な木々もなく)お目見えする予定だ。

このクルマが登場すれば、ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブルやアストンマーティン DB12 ヴォランテと対決することになるだろう。噂によれば、まもなくペブルビーチで発表されるとも言われている…。

マセラティが新型GT2レーシングカーでモータースポーツに復帰

新型マセラティ MC20 チェロがリトラクタブルハードトップになった理由

マセラティの新型グランカブリオの真っ暗なプロトタイプの写真から、想像力を働かせよう




=海外の反応=
「美しや」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/62465/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ