マセラティの新型グランカブリオの真っ暗なプロトタイプの写真から、想像力を働かせよう


マセラティはつい最近、新型グラントゥーリズモを発表した。そしてその次に登場するのが、グランカブリオである。

そして、まるで偶然の産物であるかのように、マセラティはカモフラージュされた新型グランカブリオの暗すぎる写真を次々と公開したのだ。おそらく、昔のグラントゥーリズモとグランカブリオのドロップトップ版とでもいうことなのだろうか。

リリース日やドライブトレインの構成に関する固有情報はないのだが、かなり安全な賭けをするのならば、「遅かれ早かれ」と 「グラントゥーリズモで得るのとほぼ同じ」ということだろう。パワートレインはV6または電動となり、前者は最高出力542bhpのリア駆動ターボV6、後者は最高出力750bhpの全輪駆動トリプルモーターワープデバイスである。

100km/hを超えると、カブリオは耳をつんざくような即席のヘアスタイリストにしか見えなくなることを考えると、難問だ。グランカブリオを選ぶなら、鳥や蜂の声を聞くために電気の潜在能力をすべて無駄にするか、それとも完全にオーバーキルなV6を選んで、自分の周囲にサウンドトラックを追加するか、どっちにしようか。



みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

=海外の反応=
「いつものようにゴージャスな車になりそうで楽しみ」
「コントラストを上げることで、より詳細が見えるようになるけれど、色を除去せずにコントラストを上げると、画像が派手で、気が散って、非現実的な色になってしまう。高コントラストと白黒の組み合わせは、細部をより見やすくする効果がある。デザイナーはガンマカーブも調整したはずだが、これについては次回の講義で説明しよう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/55074/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ