ロータスの新型100%電動4ドアGTセダン、タイプ 133がデザイン承認、最終プロセスへ

ロータスの新型4ドアGTセダン、タイプ 133の完成を確認。ポルシェ タイカンのライバルとなるこのモデルは、今年後半に発表され、小型EV SUVとEVスポーツカーは、2028年までに登場する。

ロータスは昨年、世界で567台を販売したに過ぎないが、将来に向けて非常に壮大な計画を持っている。実際、「ビジョン80」戦略の一環として、2028年に80歳になるまでに年間15万台を販売する計画なのである。

もう一度言おう。2022年には567台、2028年以降は年間15万台の計画だ。相当真剣な野心だ。

しかし、事態は順調に進んでいるようだ。内燃エンジンのエミーラは現在、4気筒と6気筒の両方が用意されており、SUVの電気自動車、エレトレは今年3月に中国で初めて顧客に納車された後、ついに欧州に上陸したのである。

ロータス カーズ ヨーロッパのエグゼクティブディレクター、ニールス デ グリュイターはトップギアの取材に対し、「今年上半期のエミーラとエレトレの受注は、全世界で合わせて17,000台に達しています。我々は野望を実現し始めているのです」

ニールスはまた、3つの新しい市場(オーストリア、デンマーク、ルクセンブルク)が来月から開拓されることも教えてくれた。そして、100%電動4ドアGTセダン(現在のコードネームは、タイプ 133)が完成したことも。これは、ビッグニュースだ。

「セダンは完成しました」と、デ グリュイター氏は述べている。「デザインは承認され、今は全工程を終えているところです。今年後半にこのクルマは公開され、来年中には販売が開始される予定です。それは本当に正しい方向に向かっています」

「15万台は、2028年以降、毎年販売される予定になっています。エミーラ、エレトレ、大型セダン、小型SUV、そしてこれから登場するスポーツカーが含まれます」

「2028年までにはすべて実車になるでしょう。私たちはただ背もたれに体重をかけて、座ってくつろぐためにここに来たのではありません。私たちは船の舵を取って操縦することを実現するためにここにいるのです」

そうだ、重要な電気スポーツカーについても触れておこう。アルピーヌと交わした覚書は無効となってもはや存在しないが、ロータスはすでに将来のEVスポーツカーのスケッチを公開している。

「すべての製品がそうであるように、それを正しく理解することは非常に重要です」と、デ グリュイターは、現在タイプ 135として知られている車について語る。「しかし、ロータスはスポーツカーブランドであり、スポーツカーをポートフォリオに加える必要があるのです」

「ブランドの観点からも、このクルマは非常に重要です。まったく新しいデザインになるでしょう」

この新しいデザインについては、非常に重要だ。なぜならTGは、エレトレ、4ドアサルーン、将来の小型SUVはすべて同じエレクトリック プレミアム アーキテクチャー(EPA)プラットフォームを共有するものの、タイプ 135スポーツカーは、独自の構造を持つことになると理解しているからだ。

ロータスの広報担当者は言う。 「エミーラの後継と考えていただきたいです。しかし、それは一から新しいプラットフォーム上に構築されたまったく新しい製品となります。純粋な電気プラットフォームで、何かを改造したものではなく、まったく新しいものです。ロータスのスポーツカーの本拠地であるヘセルで設計、エンジニアリング、製造されるのです」

ロータス、2022年の生産台数は62%減だが、2023年は過去最高を計画中

エミーラにロータス史上最強のメルセデス製4気筒ターボが仲間入り

ロータス エレトレ:603/905馬力のオールエレクトリック ハイパーSUV





=海外の反応=
「どうでもいいEVのリストに追加」
↑「馬鹿だな、電動車両が未来のクルマなのに」
「サムネイルにオメガを載せるの、ズルい」
「ジーリー ホールディングスの西側メディアへの影響力がどれだけあるのか疑問だ。西洋のブランドは販売台数に比べて過剰に報道されている。ロータスとポールスターは英国の駐車場を埋めるだけの車を供給していないが、それらに関する記事は絶え間なく続く。みんながテスラに夢中になっているけど、ジーリーは2022年に世界で初めて1,000万台を超えた。ジーリーがトップになるかもしれない?」
「ランボルギーニやフェラーリが販売台数に比べてどれだけの報道を受けているか見てみて。GMのような大手ブランドであっても、コルベットなどの低販売台数のモデルが高販売台数のモデルに比べてどれだけ報道されているか見て。報道は売れるものではなく興味を持たれるものを報ずるのだから」
「親会社のジーリーは150,000台の車を製造してロータスのバッジをつけることができるが、問題はロータスが150,000台の車を販売してサービスするためのディーラーネットワークが足りないことだ。北米の正規ディーラーはほんの数軒しかなく、建物や予算を拡大する余裕がない小さなオペレーションか、他のブランドと共にロータスの車を少数販売しているディーラーだ。彼らの戦略は何か?ポールスターのようなミニマリストの「ショールーム」をオンラインで提供するのか?誰がやるにしても、5年間は実現するには短過ぎ」
「実際、もう新しいバージョンを発表すると思っていたんだけどな」
「ロータスは先週大きな損失を発表しており、200人の職員を削減しているということをお忘れなく」
「この記事からエヴァイヤの名前が抜けていることに気づかないわけにはいかない。前回聞いたとき、ロータスのフラッグシップが2020年に生産に入ると聞いたので、どこにあるんだ?」
「150,000台/年は実現しないだろうが、ロータスが簡単に大きなプレーヤーになることは見えてくる」
「中国は既にMGでそれを成し遂げているので(ロータスが手の届かないブランドとして扱われていたブランド)、なぜ彼らがロータスでそれを成し遂げないのか?」
「めっちゃ興味深い」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/62161/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ