ベントレーがグッドウッドでバトゥール・バイ・マリナー先頭に12気筒祭り

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード会場にて12気筒祭りを開催。バトゥールがグッドウッドの有名なヒルクライム会場で5台のW12気筒エンジンを搭載したベントレーを率いて英国でデビューする。


ベントレーは今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、マリナーによる特注およびコーチビルドのモデルとともに、その偉大なW12気筒エンジンの20周年を祝う。新型のスピード・シックス・コンティニュエーション・シリーズはこの国際的に有名なイベントで世界デビューを飾り、バトゥールはダイナミックな英国デビューを飾る。さらに、ベントレーは今年のフェスティバルでは、ヒルクライムでの新たな記録を樹立し、その幕開けを飾る。

6.0リッターツインターボW12気筒エンジンは、ベントレーが過去20年間、記録的な成功を収めてきたエンジンだ。パワフルで信頼性が高く、洗練され、コンパクトで、同クラスのエンジンとしては極めて効率的なこのエンジンは、2003年のコンチネンタルGTの発表以来、ベントレーのパフォーマンスを支えてきた。現在、ベントレーが完全電動化へのビヨンド100の旅を続ける中、W12気筒エンジンは生産の最終段階を迎えており、2024年4月をもってこのエンジンの生産が終了する予定だ。

ヒルクライムのための6台のベントレー
ベントレーは、クルーで設計、エンジニアリング、開発され、手作業で製造されているこの驚異的なエンジンを、有名なグッドウッド・ヒルクライムに参加する印象的な数々のモデルで祝福する。750PS と 1,000Nm という、これまでに製造された中で最もパワフルなエンジンを搭載し、驚異的なパフォーマンスを約束する「バトゥール・バイ・マリナー」は、英国でのダイナミックなデビューをこのヒルクライムで飾る。バトゥールは、ベントレーのオーダーメイド部門であるマリナーによる最新の完全コーチビルドプロジェクトで、わずか18台が生産され、すでにすべての車両は販売済み。ヒルクライムを走るのは、マリーナ テールで仕上げられたエンジニアリング耐久試験用のプロトタイプであるカー・ゼロ・ゼロ(Car Zero-Zero)で、現存する2台のバトゥールのうちの1台だ。

新型「コンチネンタルGT ル・マンコレクション」は、ベントレーの主力モデルファミリーにおけるW12エンジン搭載車の最高峰であり、最高出力659PSを発揮する。この限定車は、わずか48台の生産に先立ち、ヒルクライムに参加する予定だ。ベントレー最速のコンバーチブルである特注のコンチネンタルGTCスピードも加わり、ストーンベニヤやサイバーイエローのアクセントなど、マリナーのパーソナル・コミッショニング・ガイドに基づく装飾が施される。

W12気筒エンジンの誕生を記念して、ベントレーはスピードモデルのシリーズ全体で特別なモデルを製作した。「エディション12シリーズ」にはW12気筒エンジンにインスパイアされた数々の装飾が盛り込まれ、コンチネンタルGT、コンチネンタルGTC、フライングスパー、ベンテイガスピードが各120台ずつ生産される。グッドウッドでは、フライングスパー・スピード・エディション12が、新しいペイントカラー「オパライト」含むこのシリーズの特徴を披露する。

ヒルクライムに毎日登場する最後のW12エンジン搭載車は、「コンチネンタルGTパイクスピーク」で、2019年にパイクスピークで量産車クラスの新記録を樹立したその実車となる。スタートからゴールまで約5,000フィートを登る12.42マイル(19.99km)、156コーナーのコースを制覇したパイクスピーク・スペシャルは、元「キング・オブ・ザ・マウンテン」のリース・ミレンの手によって10分18秒488の新記録を樹立した。このマシンは、今回がフェスティバル・オブ・スピードへ初参加となる。

5台のW12気筒エンジンを搭載したベントレーに加え、ベントレーのオリジナルスーパーカー、4.5リッタースーパーチャージド、通称ベントレーブロワーが登場する。走行するのは、1929年製チームカー#2をベースとして、マリナーがゼロから12台だけ製作した世界初の戦前車の継承プロジェクト、「ブロワー・コンティニュエーション・シリーズ」の0号車だ。

スピード・シックス カーゼロ
ブロワー・コンティニュエーション・シリーズの生産が終了すると、マリナーは2番目の継承プロジェクトである「スピード・シックス・コンティニュエーション・シリーズ」に焦点を合わせる。クルーにあるマリナーの工房で、1930年にル・マンに参戦したスピード・シックスの仕様を忠実に受け継いだ12台が手作業で製作される。12台の顧客向け車両の生産に先立ち、カー・ゼロとファクトリー・ワークスと呼ばれる2台のテスト車両が生産される。スピード・シックス・カーゼロは今年のフェスティバル・オブ・スピードで世界初公開され、7月13日(木)からスーパーカーパドックに隣接する2階建てのベントレーブースに展示される。

スピード・シックス・カーゼロに加え、世界で唯一のバトゥールと、マリナーのパーソナル・コミッショニング・ガイドに掲載されたさまざまな特注装備を盛り込んだフライングスパー・マリナーも展示される。また、マリナーのデザイナーがスタンドでコンフィギュレーション・スイートを運営し、顧客を完璧なオーダーメイドベントレーに仕上げるための非常に詳細で個性的なプロセスを案内する。

W12 ヘリテージパレード
W12気筒エンジン誕生20周年を記念して、12台のW12エンジン搭載車によるパレードが木曜日に開催される。ヒルクライムでは、5台のスーパーカーに加え、ベントレーのヘリテージコレクションから7台が追加される:

– 初代コンチネンタルGT W12とコンチネンタル フライングスパー

– 2011年にユハ・カンクネンにより氷上新記録を樹立したコンチネンタルスーパースポーツ ISR

– 生産第1号車のベンテイガW12

– 2代目フライングスパーW12S

– 2018年にパイクスピークで量産SUV部門の新記録を樹立したパイクスピーク・ベンテイガ

– 2代目コンチネンタル・スーパースポーツ

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/07/61228/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

アーカイブ