テスラ サイバートラック最新情報:今年ついに生産に入るかも

2019年11月に発表された、テスラのサイバートラックの最新情報。年内に生産に入るかもしれないという。


テスラのCEOであり、時折ツイッターで炎上を繰り返すイーロン マスクがサイバートラックを世界に披露したのは2019年11月のことだった。ばかばかしいルックスだが(そして今もそうだが)、宇宙船のような見た目の大きなサイバートラックは注目の的であり続け、ある情報筋によれば、テスラのバカげた残忍主義的な獣の予約注文は180万台にものぼると推定されている。

完全電気自動車のサイバートラックは、当初2021年に納車が開始される予定だったが、その後2022年に延期された。その後、マスクは2023年末までにはステンレス鋼製ボディのピックアップが顧客の手に渡ると主張している。最近の報道によれば、それは実際に実現するかもしれない。可能性はある。そうかもしれない。我々はそう考えている。

サイバートラックの最新情報は?
6月25日、テスラのデザインボスであるフランツ フォン ホルツハウゼンは、カリフォルニア州ロサンゼルスのピーターセン自動車博物館で開催された第1回Electrified Cars & Coffeeイベントにサイバートラックを持ち込んだ。このサイバートラックは、これまでで最も完成度の高いプロトタイプのひとつであるようで、EV専門オンラインメディアのInsideEVsがピックアップした複数の参加者が、トラックの詳細を写真や動画でツイートしている。

サイバートラックは相変わらずバカげた代物で、大型トラックがピーターセンの駐車場の曲がりくねったスロープを上っていく様子は愉快だった(ありがとう、後輪操舵)。デザインのアップデートはすべて、2019年にフランツ フォン ホルツハウゼンが野球のボールを投げつけたオリジナルのサイバートラックからの進化のアップデートのように見える。しかし、注目すべき大きな変更が1つある。それは、充電ポートの配置だ。

もともとサイバートラックの充電ドアは、運転席側リアホイールアーチのすぐ後ろにあった。現在では、すべてアーチ自体に統合されて組み込まれているようだが、ピックアップトラックの最も外周の部分は通常、最初に損傷を受けるため、潜在的に問題となる可能性がある。充電口はまた、テスラのスーパーチャージャーで使用するために作られたテスラ専用のコンセントが見えるだけで、他の公共充電器とは互換性がない。

サイバートラックの最新情報は?
では、生産は始まっているの?
そうとも言い切れない。テキサス州オースティンにあるテスラのギガファクトリーが稼働するまでには時間がかかったが、最近、カモフラージュが施された、あるいは施されていないサイバートラックが何台か目撃されたとInsideEVsが報じている。

ギガテキサスでは現在、テスラの電気SUV「モデルY」を製造しており、工場のウェブサイトにはサイバートラックの「将来の本拠地」と書かれている。

サイバートラックはまだ予約できるの?
もちろん可能だ。必要なのは100米ドル(15,000円)だけで、もちろん全額返金される。

サイバートラックの最初の発表から1週間後、イーロン マスクはすでに25万台の予約があると主張した。独立した情報筋によれば、サイバートラックの購入に関心を持つ人は150万人から180万人にのぼるという。

けど、実際にいくらになるのだろうか?
それは、どのバージョンが欲しいかによって異なる。テスラによれば、ベースとなるサイバートラックの価格は、電気モーター1基と後輪駆動で39,900ドル(575万円)。そこからステップアップすると、デュアルモーターAWDバージョンは49,900ドル(720万円)、トライモーターのトラックは69,900ドル(1,000万円)になる。これらの価格には、デスティネーションフィー(目的地までの交通費)や連邦税や地方税の控除は一切含まれていない。

記憶を辿ろう:スペックは?
テスラは、馬力、トルク、バッテリーサイズなどの公式な詳細をまだ確認していないが、同社がサイバートラックをシングル、デュアル、トライモーターのバリエーションで販売することは分かっている。ベースバージョンは時速97kmまで6.5秒、デュアルモーター仕様は4.5秒となる。テスラの発表によれば、トライモーター仕様のサイバートラックの最高速度は時速97kmまで2.9秒。テスラはまた、サイバートラックは「一時的にボートとしても使える」とも言っている。

サイバートラックは、6.5フィート(2m)の荷台に3,500ポンド(約1,590kg)の荷物を積むことができる。シングルモーターバージョンとデュアルモーターバージョンは、それぞれ7,500ポンド(3,400kg)と10,000ポンド(4,535kg)の牽引が可能で、トライモータートラックは14,000ポンド(6,350kg)までに増加すると見積もられている。

すべてのサイバートラックにはセルフレベリングエアサスペンションが装備され、ピックアップを最大4インチ上下させることができる。室内には17インチのタッチスクリーンが標準装備され、他のテスラ同様、トラックのすべての制御装置が搭載されるようだ。また、テスラの愚かなヨークも提供される見込みだ。

航続距離は?
これもまた印象的だ-とはいえ、今はテスラの推定値しかない。同社は、ベースモデルの航続距離を少なくとも250マイル(402km)、デュアルモーターのサイバートラックの航続距離を300マイル(483km)、トップモデルのトライモーターピックアップの航続距離を500マイル(805km)以上としている。

これを考慮すると、フォードF-150ライトニングはフル充電で最大320マイル(515km)、GMCハマーEVは329マイル(529km)と見積もられている。しかし、注意してほしい: テスラの公式な航続距離予測は、特にアメリカのEPAテストサイクルでは、かなり楽観的な傾向があるので。

今年、サイバートラックが一般人の手に渡ることになった場合、そしてそのとき、すべてがどうなるのか、ぜひ見てみたいものだ。


=海外の反応=
「これは日の目を見ることはないだろう。仮に今日発売されたとしても、船は出航してしまった。他のメーカーが追いつき、さらに追いついている」
「現在のEV技術のバッテリーや他の全てがそんなに長持ちすると本当に思っているの?」
「仮に生産が開始されたとしても、ヒップスターのファンボーイが新しいポップアップ・バーまでドライブして、倫理的に調達された海草ダイキリを飲みに行くだけだろう」
「テスラのひどい品質と、イーロン マスクのような荒れ狂う悪童との関係から、年末までに日の目を見ることはないだろう」
「パネルの隙間の代わりに、ギザギザのエッジがあり、そのエッジで体を切ることになる」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/06/61004/trackback

テスラ サイバートラック最新情報:今年ついに生産に入るかも」へのコメント

  1. あたおか2023年7月2日 7:56 PM

    サイバートラックは、6.5フィート(2m)の荷台に3,500ポンド(約8.6kg)の荷物を積むことができる。
    8.6キログラム??

    1. 『トップギア・ジャパン Top Gear JAPAN』編集部2023年7月3日 9:27 AM

      ご指摘ありがとうございます。全く間違ってましたので、修正しました。

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ