ベントレー、コンチネンタルGT S がラグジュアリー業界の最高峰の賞を受賞


米「ロブ・レポート」誌で2023年「ベストグランドツアラー賞」を受賞

ベントレーコンチネンタルGT Sは、米ロブ・レポート誌の「ベストグランドツアラー賞」を受賞し、6月・7月号の「ベスト・オブ・ザ・ベスト」で紹介される予定だ。 ロブ・レポートの「ベスト・オブ・ザ・ベスト」は、過去35年にわたり、ラグジュアリー業界の業績を示す最高の指標となっている。 自動車以外にも、ヨット、アート、デザイン、フード、ワイン、慈善活動など、ラグジュアリー業界を代表する15のカテゴリーで構成されている。

ベントレーアメリカの社長兼CEOであるクリストフ・ジョージ氏は、「コンチネンタルGT Sが、カー・オブ・ザ・イヤーを受賞してわずか数ヶ月後に、ロブ・レポートからこのような評価を受けたことにとても感激しています」と述べている。

「コンチネンタルGTは、過去20年間、世界最高水準の性能、快適性、印象的なデザインを顧客に提供し、ラグジュアリーパフォーマンスの頂点に君臨してきました」

「今年の“ベスト・オブ・ザ・ベスト”受賞者の中で、ベントレーのコンチネンタルGT Sがベストグランドツアラーに選ばれたことを大変嬉しく思っています。ロブ・レポートを代表して、ベントレーのこの栄えある受賞を祝福したいと思います。 コンチネンタルGT Sは、真のラグジュアリーと驚異的なパフォーマンスを融合させた非の打ち所のないモデルです」とロブ・レポートの社長であるルーク・バーヘンブルク氏は述べている。

3代目となるコンチネンタルGTは、軽快さとパフォーマンスをハンドメイドのラグジュアリー、そして最先端のテクノロジーと融合し、これまでにない史上最高のグランドツアラーを作り上げた。 コンチネンタルGT Sでは、世界中のお客様から絶大な支持を得ている550PS、770Nmの4.0リッターV8エンジンを搭載し、0-100km/h加速はわずか4.0秒を実現している。また、クロスプレーンV8ビートを増幅するスポーツエグゾーストを標準装備し、エンジンの性能を高めている。

「ベントレーのコンチネンタルGT Sは、ロブ・レポート誌の2023年カー・オブ・ザ・イヤーも受賞しており、ベスト・オブ・ザ・ベストでグランドツアラーのベンチマークとして認められても何ら不思議ではありません。インテリアの芸術性と快適性、力強いパワー、そして崇高なパフォーマンスの比類ないバランスが評価されました」とロブ・レポート誌の編集長であるポール・クラウトン誌が述べている。

今回の受賞で、ベントレーがロブ・レポート誌に評価されるのは5回目となる。これまでの受賞歴には、「2023年カー・オブ・ザ・イヤー(コンチネンタルGT)」、「2022年ベストグランドツアラー(コンチネンタルGTスピード)」、「2022年ベストインテリア(フライングスパーハイブリッド)」、「2017 SUV オブ・ザ・イヤー(ベンテイガ)」がある。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/06/60895/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ