米国限定トヨタ GRスープラ 45周年記念モデルは、リアウイングが4代目スープラをリスペクト


米国限定、わずか900台の記念モデル

トヨタは、スープラの40年にわたる魅力的なレガシーを引き合いに出すが、実際には、その最も有名な時間、つまり10秒カーとしてのスープラに目を向けるだけでいい。0-400mが10秒未満、ってこと。この米国限定のアップグレードは、フェラーリを信号待ちで煙に巻くようなものではないが、見た目はクールだ。

トヨタ GRスープラ45周年記念限定モデルへようこそ。ディープオレンジと「アイス」ホワイトの2色から選べるこのモデルは、GRスープラの3.0リッター「プレミアムグレード」をベースに、90年代の第4世代のトヨタ スープラにちなんで、手動で調整できる、新しいリアスポイラーを追加している。

この新しいリアウイングは、4代目のものほどワイルドではないが、トランクリッドから7cmほどの高さにあり、「ドライバーが角度を変え、リアホイールにかかるダウンフォースの量に影響を与えることができる」小さな調整ネジを備えているという。

その他、45周年記念車にはマットブラックの19インチアルミホイールにブラックキャリパーが装着され、4代目のサイドスウッシュに沿うように新しいデカールが貼られ、エンジンルームにはToyota Gazoo Racingのロゴが入ったオレンジのストラットタワーブレースが装着される。

それでも0-400mが10秒台には届かないが、ベースのスープラは十分に速い。フロントにはBMW製3.0リッター直6ターボが搭載され、マニュアルまたはオートマチックギアボックス、後輪駆動、最高出力382bhp、最大トルク500Nmのパワーを楽しむことができる。

価格は後日発表されるが、プレミアムグレードのベース価格より若干のプレミアムがつくと予想される。トヨタUSAは900台しか生産しないので、お早めに。「全体として、この特別仕様車は、映画で有名な4代目モデルを彷彿とさせる外観で、2024年のスープラのラインナップにノスタルジアとセンスをもたらします」とトヨタは言う。ああ、でも真面目な話、日本から翌日到着できるようなパーツはどこにあるのかな?

=海外の反応=
「うわぁ、ひどい。リアスポイラーが付いているかもしれないが、このクルマは決してMkIVのなごりなんかじゃない」
「自暴自棄の臭いがする」
「スープラのデザインは好きじゃなかったんだけど、やっとポジティブなことを言えるようになった。それだけ。でもね、次は私が好きなものを2台発表してくれるかもしれない!」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/06/60772/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ