個人も法人も、シボレー カマロを月額固定のリースプログラムで乗ってみない?

ダイバーシティとインクルージョンの意味とは?

ゼネラルモーターズ・ジャパンでは、人気のアメリカンスポーツクーペ「シボレー カマロ」を月々定額で、乗ることができるリースプログラム「CHEVROLET OWNER EXPERIENCE PLAN for CAMARO(シボレー オーナー エクスペリエンスプラン フォー カマロ)」を開始した。

本プログラムは、契約満了時の査定予想額を残価として新車価格より差し引くことにより、月々の支払金額を大幅に軽減できる「残価保証型」を採用。毎月一定額のお支払いで、3年にわたり憧れの「カマロ」のカーライフを存分に愉しむことができる。

支払いは、登録時自賠責保険・税金などの必要コスト込みで、月々一定額の支払いで「カマロ」を身利用できる。契約車両は3年間、購入の場合と同じように乗ることができる。クローズドエンド方式の残価清算を行わないリース契約で、満了時に車を返却するだけで、追加のお支払いは原則不要だ。だが、規定の月間走行距離を超過及び事故・修復・改造・用法違反(喫煙やペットの乗車含む)等により原状回復が必要となる場合は、契約終了時に清算金が発生する場合があるので、注意されたい。基本的には買取保証のため、安心して利用できる。

月々のお支払いを均等化できるため、合理的な出費の管理が可能だ。法人・事業主の方はもちろん、個人ユーザーも利用できる。

アフターサービスはシボレー正規ディーラーのスタッフがきめ細やかにサポートする。

https://www.chevroletjapan.com/







トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/04/58300/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ