SUBARU新社長に現取締役専務執行役員製造本部長の大崎篤氏が内定



SUBARUは、2023年3月3日に開催された取締役会で、自動車業界における大変革期への適応を加速させるため、新たな社長人事を内定したことを発表した。この人事は、2018年に策定した中期経営ビジョン「STEP」の取り組み5年間の区切りとともに、新たな体制に移行するためのものであり、新体制にて新たなビジョンを策定し、実現に向けて取り組んでいく予定だ。ただし、本件は2023年6月に開催される第92期定時株主総会および株主総会終了後の取締役会を経て、正式に決定される予定となっている。

新社長には、現代表取締役社長兼CEOである中村知美氏の後任として、現取締役専務執行役員製造本部長の大崎篤氏が内定した。大崎氏は、東京農工大学大学院工学研究科を修了後、1988年にSUBARU(当時富士重工業株式会社)に入社。以来、商品企画や品質保証などのポストを歴任し、2021年6月には取締役専務執行役員製造本部長に就任していた。





トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/03/57621/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ