スズキが欧州向けにEVジムニーを開発中!他の4つのEVも、ってめっちゃ上がるんですけど



スズキが電気自動車のジムニーを開発中であることを明らかにした。やったー!

このページの一番下にある写真で見られるeVXだ。この日本の会社は今月初めに、最初の電気コンセプトカーを発表したばかりだ。しかし、新しい 「成長戦略」の説明文書で、「バッテリーEVのラインナップ」と記されたセクションで紛れもないジムニーのシルエットを見ることができる。けど、これ以上、具体的な情報はないのだろうか?

それは我々が今のところ持っているほとんどすべての情報だ。しかし、我々は電気ジムニーは、その自然吸気4気筒エンジンの標準車の100bhpを向上させることができると確信している。また、CO2規制のため、現在の内燃機関式4X4はジムニーの商用車仕様に限定されているため、日本国内での販売も可能になるはずだ。

電気自動車ジムニーがスズキの最初のEVになるかどうかはわからないが、2024年に少なくとも1モデル、その後4モデルが発売される予定であることは確かだ。そして、その影には、小さな軽自動車サイズのEVが潜んでいるのだろうか?とにかくお願いしますよ、スズキさん。

また、2030年には欧州での販売比率をEV80%、ハイブリッド車20%にするとも言われている。しかし、スズキはまだ電気自動車に全力を注いでいるわけではない。「スズキは、あらゆる商品とサービスを提供するために、バッテリーEVだけでなく、CNG、バイオガス、エタノール混合燃料を使用するカーボンニュートラルな内燃機関車も提供します」と説明文書に書かれている。

ジムニーのEVにエキサイトした?






=海外の反応=
「今週スーパーでジムニーを見た。 私はジムニーがどれほど小さいか、小さいかを全く理解してなかったよ。正直、愉快なレゴのクルマ、って感じ。まあ、 EV版も残念ながら私の社用車リストには載らないんだけどね」
↑「それは本当に悪いことだよ…ジムニーは運転するのがかなり暴動っぽいし、現在のICE構成でも経済的だ。私の友人はそれを持っていて、彼はそれを絶対的に愛している」
「念のため言うけど、ランドローバーはなぜ同じようなことをしないの?」
「興味深いけど、スズキに関しては、私の興味を引く四輪車ではない。 彼らはオートバイと ATV、特に後者で黒字を維持している。 電気を買う人は面白いだろう。 これはある程度予想される」
「興奮を抑えきれない」
「軽い(パネルをプラスチックか何かで作る)限り、そしてさらに重要なことに安価である限り、ジムニーはEVとしてうまく機能するだろう。
私は現在または将来のジムニーが米国に来るのを見たいと思っている人間だが(現在のものは排出ガス規制の範囲内にあると思われる)、スズキには自動車販売店のネットワークがないため、考えられる2つのオプションがある。
1: ジムニーはオートバイのネットワークを通じて販売されているが、これはまったく悪いことではない。日常のドライバーというよりも週末のライフスタイルの乗り物であり、自転車と一緒にフィットするからだ。
2: スズキは、トヨタとの既存のパートナーシップを拡大し (さまざまな市場で、スズキとトヨタは互いに名前を付け直している)、トヨタを通じてジムニーを FJ などとして販売している。
いずれにせよ、ラングラーよりも高価ではなく、アメリカ人の好みに合わせてもう少しパワーがあれば、かなりうまくいくと思う」
「ジムニーは好きだけど電気自動車は嫌い。タフなヤツがいいもの」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56877/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ