ベントレー、マクラーレンSVOから来たアンサー アリ氏がマリナーとモータースポーツ部門を率いる



ベントレーモーターズは、アンサー アリをマリナー&モータースポーツ・ディレクターとして新たに任命し、会長兼CEOであるエイドリアン ホールマークに直属させることを発表した。アリは、顧客のパーソナライゼーションが記録的な需要に達する中、再編成されたマリナー部門を率いることになる。

アリは、自動車業界で30年のキャリアを持ち、前職はマクラーレンのスペシャル・ビークル・オペレーションズでマネージング・ディレクターを務めていた。それ以前は、フォード、ロータス、ケータハムでシニアマネージャーを務め、ゼノス・カーズの共同設立者でもある。

ベントレーにおいてアリは2つの役割を果たすことになる。一つは、現在参戦中のGT3レースチームと密接に連携しながらモータースポーツ活動を推し進めること、もう一つはベントレーのパーソナルコミッショニング部門であるマリナーにフォーカスすることだ。マリナーは世界で最も古いコーチビルダーであり、クラシック、コレクション、コーチビルトという3つの部門に分かれている。アリの就任について、エイドリアン・ホールマークは次のように述べている。

「マリナーは、自動車のデザインと専門技術の最高峰であり、コレクション、コーチビルト、クラシックのすべての部門においてお客様の需要が記録的なレベルに達している今、アンサーが入社することになりました。アンサーの業界における豊富な経験、特に少量生産の特別なビスポーク車の部門を率いてきた経験に基づく深い洞察力は、マリナーを業界一流のパーソナルコミッショニング部門としてさらに強化し、ベントレーのビジネス全体に大きな貢献をもたらしてくれるに違いありません」

アリは、再編成されたマリナーのビスポーク部門を率いることとなる。また、ベントレーでの15年間のキャリアの中で数々の上級職を務めてきたポール ウィリアムズがCTO(最高技術責任者)に、ベントレーで最終組立責任者を務めていたボブ マーティンがCOO(最高執行責任者)に就任する。これらすべての異動は有効済みだ。

マリナーは、1923年からビスポークのボディーとキャビンを製造しており、現在は、ラグジュアリー、高性能、エクスクルーシブ、個性を体現する、極上のパーソナルカーを制作している。マリナーのポートフォリオには、バトゥールなどのコーチビルト車、ブロワーなどのヘリテージカー、そして多種多様な魅力的でユニークなカスタマープロジェクトが含まれている。

今週初めには2022年の販売実績が2021年を4%上回る15,174台であったことが発表されましたが、ビスポーク車に対するお客様の需要は高く、2022年には記録的な数に達したことが、ベントレーの3年連続での販売記録更新に貢献している。




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56651/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ