いまこそケン・ブロックのジムカーナ/クライムカーナ/エレクトリカーナシリーズをイッキ見するとき


ケン ブロックがこの世を去ってしまい、悲しみでいっぱいだが、今こそ、彼が残した業績を辿ってみるときじゃないだろうか?これを見て、改めて彼の偉大さを讃えよう。

ジムカーナ プラクティス(Gymkhana Practice)


2008年、そしてすべての始まりとなった作品だ。ブロックは、2006年型スバル インプレッサ WRX STIとその530bhpを飛行場に持ち込み、ストレートをガンガン走り、そして何の前触れもなく、大規模なドリフトに持ち込み、クルマのビデオの世界を永久に変えてしまったのである。この動画の再生回数は1,600万回を超え、多くの人が振り返るように、この動画はとてもピュアなものだった。

ジムカーナ ツー「インフォマーシャル」(Gymkhana Two "The Infomercial")


DCスポーツ(ブロックのアパレルブランド)の商品を紹介する広告として、ロサンゼルス港で撮影された「ジムカーナ ツー」は、1作目から1年後にデビューし、より洗練された作品となった。スクービーの新しいイテレーションも導入され、最高出力574ps、最大トルク828Nmの2009年型WRX STIが、前作と同じクロフォード パフォーマンスによって準備された。最後は爆発し、たくさんの炎とドリフトで締めくくられる。

この動画は、5,200万回以上再生されている。

ブロックと長年の友人ロブ ディルデックが出演し、ブロックがスクービー(スバル)、ディルデックがミニスクービー(スバル)に乗るというものだ。ベニー ヒルの音楽と80年代のシンセサイザー、そしてタイヤの煙も出ている。刺激はほんの少しだが、覚えておいてほしい。

ジムカーナ スリー(Gymkhana Three)


この時点で、ケン ブロックはすでに有名人になっていた。

2010年の今、ブロックはスバルを、もう少し小型でタイヤの寿命を延ばすことを嫌う、オールズバーグスMSEが準備した11年型フォード フィエスタに乗り換えた。そのサイズに惑わされることなく、650bhpと895Nmのトルクを発揮し、0-97km/h加速は1.9秒だ。ブガッティ ヴェイロンよ、コイツを食べてしまえ。

ジムカーナ映画で初めてアメリカ国外に行き、リナスの51度バンクのオーバル、リナス-モンシェリー自動車道で、ケンが特に急斜面に挑戦するために選んだコースで走る。ケンの "究極の遊び場"にようこそ。当然、セグウェイに乗った男も登場し、最後には文字通りラバーはなくなる。火花が散るばかりだ。この動画は6,900万回以上再生されている。

ジムカーナ フォー(Gymkhana Four)


今回もカリフォルニアに戻り、年に一度のタイヤ拷問シリーズとして、ブロックはさらにクールな作品に仕上げている。ユニバーサル・スタジオのバックロットで撮影されたこの作品は、『ゾンビランド』の監督がハリウッドのスタント映画として制作したものである。

「ジョーズ」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、「スター・ウォーズ」、「トップガン」などが登場するが、ブロックの新しいハイブリッド・ファンクション・フーン・ビークル(HFHV)の前には、すべて二番煎じである。映画とクルマのオタクにはたまらない一品だ。

そして、猿の着ぐるみを着てセグウェイに乗る男も登場する。この動画は3,400万回以上再生された…今のところ。

ジムカーナ ファイブ(Gymkhana Five)


サンフランシスコは、映画「ブリット」での見事なチェイスシーンを筆頭に、多くの優れた映画の舞台となっている。2012年、ブロックは「サンフランシスコを思いのままにしたい」と決心し、その思いが実現した。

サンフランシスコの実際の道路で撮影されたブロックのジムカーナシリーズ第5弾は、彼の最も完成度の高い壮大なビデオであると同時に、彼の個人的なお気に入りであると言われている。650馬力のフィエスタに乗り、北カリフォルニアを彼ならではの方法で走り抜ける。

このビデオは壮大なもので、視聴回数も1億1,400万回を超えている。1億1,400万回だよ、あの当時で。

ジムカーナ シックス(Gymkhana Six)


ブロックは、ハリウッド映画的な「ジムカーナ フォー」やサンフランシスコを舞台にした壮大な「ジムカーナ ファイブ』の後、別の道を歩む必要があった。

そこで彼は、2013年のこのビデオでは、基本に立ち返り、小さなテクニカルサーキットを設定し、お決まりの動くクルマやセグウェイを使って、彼の超能力的なドリフトを披露している。このビデオは、世界中が注目するようになった最初のジムカーナへの回帰であり、彼と650bhpのフィエスタST、そしていくつかの障害物だけから構成されている。そして、大きなレッキングボール。この動画は5,100万ビューを記録している。

ジムカーナ セブン(Gymkhana Seven)


2014年の彼の作品は、信頼できる小さなフィエスタを追い出し、もっと邪悪なものを迎えた。845馬力のクラシックなフォード マスタングを改造し、全輪駆動で、ロサンゼルスの険しい街並みを破壊するって言うんだ。

ランディーズドーナツショップの周りをドーナツで回ったり、ハリウッドの丘や看板の裏側を蛇行しながら走ったり、ローライダーの弾むようなローライダーの周りをドーナツで回ったりと、さすがに気の利いた演出が施された素晴らしいビデオだ。なんと580万回再生、現在もカウント中だ。

ジムカーナ エイト(Gymkhana Eight)

ジムカーナシリーズの第10弾として、気合の入ったフィエスタが帰ってきた。しかし今回は、650bhp、AWDのフィエスタRX3が、この場所にふさわしい、スパンコールに彩られたカラーリングで登場する。究極のエキゾチックなプレイグラウンドのために、ケンはドバイに向かい、有名なスーパーパトカーの一団と遊び、二輪車に乗って移動するフォード ラプターの周りをドーナツ化し、ヴェイロン、フェラーリ F12、レクサス LFA、ランボルギーニ アヴェンタドールとドラッグレースをしている。

こちらからご覧あれ。

ジムカーナ ナイン(Gymkhana Nine)


ケンは原点に立ち返り、ストーリーの脚色を一切排除し、廃墟となった工業団地を舞台に、ちょっと恐ろしく、バカみたいに横道にそれて、かろうじて信じられるようなドライビングを見せるというシンプルな構成にした。

彼の選んだモーターは?845馬力の四輪駆動車、1965年の「フーニコーン」マスタングでもなく、650馬力の忠実なフィエスタでもない。ケンが選んだのは、ラリーで使用したばかりの600bhp、895Nmのフォーカス RSだった。世界ラリークロス選手権で土を蹴ったのとまったく同じもの。再生回数5,500万回を突破。

ジムカーナ テン(Gymkhana Ten)


この驚くべきシリーズの10本目のビデオは、1つの場所に留まらないものだった。KBの2018年のタイヤ破壊、ラップトップスピーカー破壊の大作は、雪のスウェーデンからメキシコを経てLAのダウンタウンまで、5つの場所で約19分かけてあなたの感覚を攻撃してくる。5倍のレブリミットアクション、5倍のドリフト、ジャンプ、そう、ジャンプドリフトがある。

ジムカーナ テンの再生回数は4,100万回だ。

クライムカーナ ワン:パイクスピーク(Climbkhana One: Pikes Peak)


ジムカーナシリーズの進化版として、YouTubeにアップされたタイヤを踏みつぶす驚異のスピリットを、モータースポーツ界で最も崇拝されているパイクスピークに移植した作品。ブロックの1,400bhpのフーニコーン(Hoonicorn)がコロラドの大きな山を駆け上がる様子は、4,300万回以上のビューを記録している。ヴァタネンの「クライムダンス」ビデオも参照しとこう…。

クライムカーナ ツー:天門山(Climbkhana Two: Tianmen Mountain)


2019年のこの驚くべき努力で、ケンはジムカーナ テンで初めて見せた1977年のフォードF-150を改造し、「ヘブンズ・ゲート」の99の危険なカーブを滑走することが賢明と判断した。フォードレーシングのGTル・マンプログラムから移植されたV6エコブーストエンジンを搭載し、最高出力900bhp、最大トルク952Nmを発生させる。彼はそのパワーを余すところなく動画の中でも発揮したのだ。

エレクトリカーナ:ラスベガス(Electrikhana: Las Vegas)


KBが初めて完全な電動ドリフトマシンを投入したのは昨年のことだが、その際、アウディ スポーツ クワトロS1へのオマージュとして、最もワイルドなマシンのひとつを製作したのである。ブロックはS1フーニトロン(いい名前だよね)でシン・シティを回り、エッフェル塔のレプリカに沿ってドリフトし、駐車場からホテルへジャンプし、「ミスター・ルマン」トム クリステンセンの前でストリップをドーナツ状に走った。

さらに、アウディ 90 IMSA GTO、200 Trans Am、スポーツ クワトロ S1パイクスピーク、クワトロ Gruppe B A2、R8 LMPとR18 e-tronクワトロといったル・マンのレーシングカーたちなど、アウディの宝物を見る時間もあったそうだ。また、屋上ではベガスのもうひとつの楽しみである「ボクシング」に興じる時間もある。

ケン ブロックと一緒にフーニコーン マスタングでロンドン観光


2016年にさかのぼり、特別な映画の拡大版カットを紹介。マット ルブランがケン ブロックとフーニコーン・マスタングでロンドンツアーに参加したときの様子がこれ。

思い出をありがとう、ケン。とんでもない乗り物だったよ。





=海外の反応=
「トップギアのみなさん、まとめてくださってありがとうございます。
かわいそうに、あまりに早く逝ってしまいましたね。彼が拷問を受ける機会のなかったタイヤがたくさん残ってるのに」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/01/56545/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ